« いまさらかなぁ | トップページ | 昔々のことですが »

ここは一蘭かっての

 週明け一発目からいきなりテストを受けて来いというなんとも無体な指示をされ、御茶ノ水某所にある試験会場へ行ってきたです。
 受付にてチケットと受験確認書と更に二種類の身分証明書の提示を求められ、それでオーケーならば次に承認にチェックを入れて待合室で待機していてくださいと職員に促される。ある程度は予め知っていたことなので驚きはなかったのですが、なんてかボク的にはここで一杯々々になっていた事を白状します。いや、だってさ今回のテストのサンプルとか、過去問とかってものがあるはずなのに、まるで無かったかのように真っ白けに忘れてしまっていたですよ、この段階で(笑)
 でもまあ、今更後へは引けない男道(by 怒髪天)にとっくになっていたりするので、しかたなくとぼとぼと試験会場へ入ってみると、そこは個別にパーテンションで仕切られた空間で、なんてかタイトルどおり「ココは、一蘭本店かっ!?」とツッコミーを入れたくなるような場所でした。そういや、随分と昔に oracle master(silver)なぞ取ろうとしていたことがあったっけ。あれ順当にやっていたら、今日と同じところで受験だったんだろうなと思うのでありました、余談なり。
 もっともここは当然一蘭ではないので、正面に暖簾が下がっていることもなければ、ミネラルウォーターの蛇口が出ているということもなく、ただ無機質に火の入った PCがボクを待ち受けているだけでした。
 それから苦手な CRTの前に約四十五分の格闘の末、なんとか合格という結果を得られたのは、ひとえに「運」をまた無駄に使ってしまったからに他ならないと思うわけです。
 生きた心地がしないというのは「嘘・大袈裟・紛らわしい」ですが、試験終了のボタンをクリックするのには少々勇気が必要でした、正直。ココでこけると、後に控えるいくつかの(目に見える見えないひっくるめて)壁に対してなんらアドバンテージを持たずに挑むことになるであろうということが安易に予想されていたので、とりあえずほっとしました(はふぅ
 まあ、事務所に戻ってきて先に受けていた人たちの得点を聞いて、少なからずブルーになっていたのはナイショです。いいの、満点だろうが及第点だろうが、受かっちまえば同じ土俵の上なんだから(苦笑)

|

« いまさらかなぁ | トップページ | 昔々のことですが »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/339178

この記事へのトラックバック一覧です: ここは一蘭かっての:

« いまさらかなぁ | トップページ | 昔々のことですが »