« 三冠の価値って | トップページ | デザフェス »

三度目の

 シベリア少女鉄道の新作を観て参りました。
 ボク的には三鷹で演じられた前々作を観劇してから続けて三作目となった今回のシベ少は、とうとう新宿へ進出してきました。

~ 「天までとどけ」 / シベリア少女鉄道 vol.10 ~

 おお、記念すべき十作目なんだ劇団としても。
 でも染谷が出てなかったな (なぜ?
 それはともかく新宿に初進出した先は THEATER TOPSでした。
 もっす久し振りですわ、この小屋は。
 紆余曲折があって本日の観劇となり、チケットは当日清算だったわけですが、整理番号が 6,7番という若い数値だったので、そらもう齧り付きを選んだですよ。
 客入りは超満員御礼状態、年齢層はあまり深く観察できなかったので不明。男女比も細かいところはわかんないけど男性客の方が多かったんじゃないかなって気はします。どうだったかな、正味のところ?
 まず小屋に入ってみて気になったのは当然シベ少なのでステージに組まれたセット。なんか平衡感覚がおかしくなりそうなそれが組まれていました。セットだけで言うならば、ボクがこれまでに観てきた前作と比べると大人しめだし、前々作と比べると派手というか大掛かりな感じを受けるものでした。観てなきゃわからない表現だけど、アレはそういうものだとしか説明のしようが無いですの。だから、騙されたと思って観てみてよ、騙してやるから (笑)
 今回もお芝居の前半はいつも通りの展開、手を変え品を変えではあってもいつも通りなのな。でもって後半は、こうきたかって爆笑を誘う仕掛けでした。いや、ネタバレになっちゃうんで書けないけど、ボクが知る限り最もチープな仕掛けでしたよ……誉めているのか、それで (-_-;)
 てか、あのゲームは天までとどいてはいけないんじゃなかったか。
 あ、でもお話的にはあれでいいのか、ふ~む。

 あ、そうそうシベ少には何の関係もないけどお団子美味しかったです (謎)


|

« 三冠の価値って | トップページ | デザフェス »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/561638

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の:

« 三冠の価値って | トップページ | デザフェス »