« ん | トップページ | リアルRチーム誕生? »

湯治

 いへ、どこも壊れていません。
 箱根から帰ってきました。
 何しに行ってきたかというと、たんに温泉に行きたくなったからと言ってしまえずそれまでなんですが、それ以上も特にないか。
 ボク的には箱根は初めてだったので、こんなに色々と見所があるとは知りませんでしたです、はい。
 というわけで、初日の土曜日は箱根といえば彫刻の森というくらい(?)ボクでも知っているスポットへ行き、特別展示されていた「ブルーナのうさぎ」というか「ミッフィー」を愛で。宿に帰り、ゆっくりとお湯に浸かり浮世の疲れを癒し、料理自慢と言う触れ込みの晩飯をたらふく腹におさめ、スーパーサッカーを見て浦和が優勝戦線から事実上の離脱をしたとか、鳥栖が九州ダービーに敗れたとか、とうとうユーロが始まるとかいう情報を得たのでした……自室にいるのと何が違うのだ (苦笑)
 二日目はゆったりチェックアウト(11:00)のギリギリまで部屋に残り、登山鉄道 → 登山ケーブルカー → ロープウェイを乗り継いで芦ノ湖畔をちょっとだけ散策。行きし、ものすごいガスで大涌谷あたりは全然視界が利かなかったのに、芦ノ湖についたらじりじりと焼け付くような陽射しが時折顔を見せて、その度に「山の天気は……」と呟いていました (-_-;)
 桃源台からは登山バスを乗り継ぎポーラ美術館へ行き、特別展示のピカソを中心に普段見る機会のない絵画を見ることで、俗世で汚れきった瞳と心の目を癒してまいりました。ま、なんていうかより一層、物事を穿った角度で見たくなりそうな感じになったことは内緒ですが。
 ポーラ美術館に入っているレストランで遅めの昼食を摂ったですが、そこでボクが食したヨーグル豚といのがなかなか珍しい物のようで“ヨーグルトだけを食べて育った豚”なのだそうですよ、奥さん!?
 其の肉質のジューシーさを味わってくださいといわれても、ピカタみたいな調理法ではせっかくのジューシーさもねぇ (^_^;;;
 美味しかったけど。
 帰りは箱根湯本まで降りて、あとはロマンスカーで新宿まで一直線って感じでした。
 本当に有意義な二日間でした、羽根も伸ばせたし、色々と抱えていた物も軽くなった? ような気がするし。また箱根には行ってみたいですね、今回見られなかったスポットにも興味を惹かれるところがいくつかあるし、うん。

|

« ん | トップページ | リアルRチーム誕生? »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/764773

この記事へのトラックバック一覧です: 湯治:

« ん | トップページ | リアルRチーム誕生? »