« ケンコーけんこう | トップページ | 今日も定時ダッシュ »

くだらなさ過ぎ……でも、好き

 久しぶりにきっかり定時ダッシュをかまして向かった先は渋谷 O-Westへ

~ 水戸ちゃんの空飛び自慢 ~

 を観に行ってきました。
 例年は春先に行われていたような気がするんだけど、今年は二月に復活ライブとかやっちゃっていたりしたから、今年はないのかなと思っていたら、この時期になってありました。つ~ても、ボク自身このイベントに参加するのは実は始めてだったりして (笑)
 客層は男女比 3:7くらいかな。気のせいか、普段の水戸ちゃんのライブに比べて随分と格好のよいお姉さん達が多かったような気がします。かく言うボクの前(というか隣)にいたお姉さんも、背はそれほどでもないけど、そりゃもうって感じの女性でしたし。年齢層はね、水戸ちゃんだよボクより下の人がどれほどいるって言うのさ、ボクの目に付いた男なんて揃いも揃って広がった前頭部とか、薄くなった頂点みたいなのばっか……なんで? 客の入りは満員といって差し支えないくらいには入ってました。二月の復活ライブのときは超満員御礼だったけど、今回はそこまでのレベルには達しなかった模様。でも、いっぱいいっぱいだったよ。

 まず一組目はヘル・シティ・ローラーズ
 「さたでないと」ですよ「さたでないと」。
 いや、今日は木曜日だけどさ (^_^;;;
 地獄からやって来たという新人バンドの彼ら。いやぁ、MCが初々しいことありゃしない (笑)
 曲は地獄からの使者らしくヘビーメタルとかパンクを基調に、その実カバー(パクリ?)だったよなぁ
 MCは今日一番面白かったし。
 ヘル・シティ・ローラーズが終わり、そこに天使に扮したローディの人たちがステージの片付けと次の準備を始める。
 セッティングが終了し、天使の一人がバズーカ(花火)を一発ぶっぱなし、それを合図に二組目が登場。

 ヘヴンズ・ゲート
 今日出演の四組の中で最も「くだらない」バンドでした。
 それぞれにそれぞれの持ち味があって、それがこのバンドの場合「くだらない」だったというだけの事よ。一番楽しかったかもしれない。
 で、一組目とは対照的にこのバンドは天使のベースとドラム、シスター姿のギターが二人いて、ボーカルは「あーめん」を連呼する牧師という構成。
 ギター(≒シスター)の一人がね中山加奈子なんだこれが。そんでもって、似合うんだねやっぱり (笑)
 最後に歌っていた「let it be」に何か聴き覚えがあるなと思ったら昔々に上々颱風がカバーしていたそれをハードロック調にアレンジしたものだったりして。なにか、やたらすらすらと詞が口を突いて出るなと思ったら、そゆことだったか。
 十三つ子の魂三十までというやつですね、ふむ。
 二組目が終わり、ステージに上がってきたのは祭りの半被を着たローディ……

 三組目は人間華
 「祭りを愛するものを俺は愛す」の言のとおり徹頭徹尾祭りでした。
 またしても原曲ビートルズなのがありまして、それは「come together」なんだけど、歌詞は「スーダラ節」 (笑)
 合うもんだねぇ、マジで驚いたです。
 ボク的には、今年最後の夏祭りだったかなと。
 と、どうでもいいけどドラムのナカジマノブがちょいと格好よく見えました。ど~も、3-10chainのゲストでしか見た事がなくて、あんなに凄いソロを叩くなんてって (x_x;;;

 トリは 3-10chainなんだけど。
 気づいていない人のために先にネタばらしをすると、このイベントは全て水戸ちゃんの水戸ちゃんによる水戸ちゃんのためのライブなのです。つまり、これまでに出てきたバンド全てのボーカルは水戸ちゃんなのです、キャラクターを変えてはいるものの (笑)
 本人の言葉を借りると
 「あれをやります!。
  俺・ロック・フェス、俺々歌合戦、俺だらけのバンド大会、俺!俺!俺!、俺リンピック、
  俺々大辞典、俺ー1グランプリ、世界・俺発見、行列のできる俺、のあれです。」

 ということだそうです。
 4人で出てきた 3-10chainにちょっとがっかりしたものの、ステージの袖でマイクスタンドとギターを用意しているのを目敏く見つけたところから、もしかするとボクのささやかな希望が夢が叶えられるのかと。そしたら水戸ちゃんが「いるのに呼ばないのは変だよな」と言って、ステージに中山加奈子を招きいれたのでした。うわっ、本当に 3-10chain第一期メンバーが揃ったよ (超嬉)
 そ、ボクが 3-10chainのライブに通い始めたときには、すでに第二期(中山→森若香)に入っていて、それも最初の一回だけだったもんなぁ。そんなわけで、プチダノンのプレゼントみたいなもーもさんパジャマ? を着て出てきた中山加奈子なのですが、これも似合うのなこの人は……可愛いというか、似合うの違和感を感じないというか。その格好でギターを掻き鳴らすんだから、わっけわかんね。でも、このメンバーで「100万ドルの夜景」を歌ってくれた日にゃ、もうなにも言う事はございません。
 アンコールで再び現行のメンバー(4peace)に戻り、「生きる」と「私の好きな人」を歌う。これは、これってば、やっぱり。水戸ちゃんが告白しました「二月の復活ライブと同じアンコールの並びに敢えてしました」と……DVD買うべきだったかな。
 なんか、ものすごく満たされた気分のライブでした。そもそも、久しぶりだしねライブ自体。あと、やっぱりリーマンコスでくるライブじゃないね、水戸ちゃんのは (^_^;;;


|

« ケンコーけんこう | トップページ | 今日も定時ダッシュ »

ライブ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/1400294

この記事へのトラックバック一覧です: くだらなさ過ぎ……でも、好き:

« ケンコーけんこう | トップページ | 今日も定時ダッシュ »