« くだらなさ過ぎ……でも、好き | トップページ | あれから三年 »

今日も定時ダッシュ

 だけど失敗 (x_x;;;
 本日向かった先は武道館。

~ Navigation, Over The Date Line '04 / professional wrestling NOAH~

 最近、武道館に行くというと「コンサート?」と聞かれる回数が増えたような気がしまする。ボクの半生においては断然プロレスの方が多いんだけどね (^_^;;;
 定時ダッシュに失敗してしまったために、第一試合を見逃したうえに、第二試合もフォールのシーン直前からの観戦。というわけで、第三試合からのコメントなり。

第三試合
多聞、KENTA、○菊池、鼓太郎 vs 池田、杉浦、百田×、マルビン

 8人タッグなのに、試合時間五分に満たないってどゆことよ。
 実際多聞や杉浦なんか試合に参加してないし……気がついたら菊池が火の玉ボムで百田さんを押さえ込んで終わってました (-_-;;;
 試合後、エプロンに上がってきた黒尽くめの男を見て、最初みのるかなと思ったんだけど、そんな事をせんでも今日はカード組まれているし、誰? 何? とたくさんの「?」マークをいたるところに飛ばしていたら、KENTAが紹介してくれました。「みんな知らないと思うから紹介するね。この子、最近、闘龍門を辞めた SUWAっていうんだよ」。あ、SUWAこっちに流れてきたんだ。ちょっとマイクがあった後、SUWAが嫌がるリッキー・マルビンを連れて帰ってゆきました。
 にしても、マルビンの「僕、そんなの聞いてないよ」みたいな表情が秀逸でした (笑)

第四試合
秋山、×潮崎 vs 力皇○、橋

 NOAHとしては鼓太郎ちゃん以来の新人選手になるのかな。力皇、森嶋に続く若手ヘビー級レスラーとしての活躍が期待されるというところでしょうか。
 試合は、潮崎のデキと、師匠秋山に恐る恐るながらも突っかかっていく不肖の弟子こと橋に注目。潮崎は出来過ぎでしょう、デビューしてまだ二つ目の巡業という選手でありながら、すでにフィニッシュホールドとしてフィッシャーマンSPHを繰り出すなんてのは。しかも、力皇をブレーンバスターで投げ切るし。問題は彼と共に切磋琢磨してくれる若手というのが、今の NOAHの中に見当たらない事かしら。志賀が戻ってくると、いい感じで化学反応を起こすんじゃないかと、ちょっと期待してみたりして。
 橋はまだ後退りをするところがあるものの、前に見たときよりはずっとよくなってました。越える事はできなくとも、一矢報いるくらいはできるかもね、遠くないうちに。
 最後は、力皇のえげつないハイアングルパワーボムで潮崎轟沈。南無

第五試合
×丸藤 vs みのる○

 裏メーン
 異次元という言葉が使い古されたプロレス界において、まだこの言葉に新鮮味を与えられるカードかもしれない。
 序盤の噛み合わなさは予想の範疇。とわいえ、あまりにみのるの色が濃すぎて、丸藤の色は時々しか出ていなかったような感じ。
 これはウェイトの差というよりも、彼らの異なるレスリングスタイルにおける有利不利が極端に現れたといったところかな。
 ま、みのる相手に不知火が見られたというだけでも、十分に価値のある試合だったと思います。

第六試合 GHC Jr.ヘビー級選手権試合
○金丸 vs ロウキー×

 ボク的セミファイナル (笑)
 一年前か二年前に ZERO-ONEを見に行ったときに、このロウキーという選手がいて、ものすごいショックを覚えたのでした。あのセンスのよさは、今すぐにでも WWEに引っ張れらていってももおかしくないと。
 もう一方の金丸の強さをボクはいつも懐疑的に見ているんです。とてもクレバーで強かなレスリングをするし、バンプもきっちりとるのでダメージが残りづらく、スタミナも十分にあるんだろうなっていうのはわかるんだけど。
 だから、今日の防衛成功をした試合を見ても、何か腑に落ちないところがあるのです。それは、前回東京ドームでライガーからベルトを奪取したときにも感じていた事だけど。
 ロウキーはよかったです、ただ打たれ弱い面が出すぎていたかな。

第七試合 GHCタッグ選手権試合
三沢、○小川 vs 彰俊、雅央×

 ゆる~い試合。
 しょっぱくはなかったとは思う。
 どうも今の三沢&小川のコンビは、対戦相手に恵まれていないような気がする。
 今日も雅央が随分と頑張って王者組みを追い詰めていたのですけど、どうしても雅央が三沢なり小川なりからフォールを奪うというシーンが思い浮かばない。だから、ギリギリのカウント2で肩を上げたのを見ても、なんとも思えない。
 なんなんだろうね。

第八試合 GHCヘビー級選手権試合
○小橋 vs 田上×

 泣けるかなと思っていたんだけどね、泣けなかったな。
 試合は田上が小橋のペースに合わせることを極端に嫌がり、小橋戦にありがちなチョップの打ち合いなどがほとんどないまま、田上のペースで進行。断崖式オレが田上はリングの反対側でやられてしまったので、どの程度の決まり具合だったのかわかりませんが、ちょっとした戦慄が走ったのは言うまでもありません。とおもったら、秩父セメントやら、リストクラッチ式バーニングハンマーやら、新型の大技が出るわ出るわで、なんか感覚がおかしくなっちゃった (苦笑)
 永遠の未完のプリンス田上の腰に GHCを巻かせてあげたかったな。古の年間グランドスラム(三冠ベルト、CC、世界タッグ、最強タッグ)を髣髴とさせる力強さ、いやいやそれ以上の力を今日の田上からは感じられただけに。逆に言うと、絶対王者こと小橋を倒すには田上火山でも足りなかったという事よな……次誰だよ、川田か?

○総括×
 今日の武道館は客入りが悪かったですね。
 スタンドはいうに及ばず、アリーナでもちらほらと空席が目立つくらいにありました。平日で、しかも雨が降ったり止んだりというのもあったのかな。あとは、いまいち乗り切れないカードばかりだったとか。
 ボク的には標準レベルでは十分に堪能できるカード、そして内容だったので文句をいうつもりも何もありません。まあ、前回のドーム大会と比べたら……比べるなよ、あんなのと (x_x;;;
 そんなわけで、このレベルのカードと内容を維持しているうちは NOAHは大丈夫だと思います。ただし、武道館レベルまでの話ね、もう一ランク上の箱を埋めようと思ったら、やっぱりきついよ。ボクは行くと思うけど。
 あと、NOAHのファン層の下地はやっぱり全日なんだなと、あらためて実感。メインの試合が終わって、試合に敗れた田上が花道を下がっていくときに起きた大田上コールは、全然関係ないけどボクが感動してたです。だって、田上好きなんだもん。

|

« くだらなさ過ぎ……でも、好き | トップページ | あれから三年 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/1407524

この記事へのトラックバック一覧です: 今日も定時ダッシュ:

« くだらなさ過ぎ……でも、好き | トップページ | あれから三年 »