« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 今月の音盤 »

市原 vs 浦和 (国立競技場)

 J1 1st.ステージ開幕戦以来の浦和戦観戦というなんていうかサポーターを自負しているものとしてあまりにあまりな現状に、とりあえず自らファンに降格を志願いたしますの一日だったのことよ。
 キックオフが16時だから、逆算して14開場と踏んで、じゃあ13時半に行けばスムーズに入場できるかなと思いきや。アウェイ側の門はすでに長蛇長蛇の列でございました。そういえば、去年の今時期に同じく国立に浦和戦を観に来たときも並んだんだっけなと今更のように思い出してみたり。多分、一番最初に並び始めた連中というのは朝一番か、もしかしたら泊りか、張り紙かってところなのでしょう。きっと、ホーム側の門はスムーズに滞りなく入れたんだろうなぁ
 一時間半近く並び入場したところ、すでにアウェイ側自由席の七割近くが赤く埋まっておりました。なんか、ものすごくサポーター達のモチベーションの高さを感じました。いや、いつもいつも高いんだけど、今日に限って言えばいつものそれよりもずっとって感じで。
 試合前のイベントとしてジェットストリームという女の子達がバトンやフラッグを使ったダンスを披露しておりました。しかし、残念ながら偽ジェットストリームという集団は見つけられず。あ~ゆ~のは札幌だけのものなのだろうか (ぼぉ
 さてゲームですが、結果から言うとこうなって然るべきというものだったと思います。まあ、正直なことを言えば、ちょっと出来過ぎかなと思わないこともないですが (苦笑)
 浦和も山瀬、長谷部といった司令塔役にけが人が続き苦しい台所事情ではあったのですが、市原も負けずにマルキーニョス、サンドロ、林といった FWばかりが揃いも揃って出場出来ない状態で、レギュラークラスの FWは二年目の巻ひとりだったりとか……市原本来の走って走って追い越してというサッカーをするにはちょっと面子が足りない感じ。逆に言うと、この程度の相手に失点をするようでは浦和の DF陣は本気モードでヤバイですよってことなのです。というわけで、ボクの今日の注目点は浦和の守備面と、前節からトップ下に入っている山田の二点でした。
浦和のスターティングイレブン
FW:エメルソン、達也
MF:アレックス(平川)、酒井(堀之内)、山田、啓太、永井
DF:ネネ、闘莉王、アルパイ
GK:山岸

 3-4-3なのかなと思ったら、永井が右サイドで村井とマッチアップしていたので、やっぱ 3-5-2のシステムだった模様。
 そうそう都築じゃなくて山岸なんだよね、ここ最近の正キーパーは。山岸というとスーパーセーブ連発が格好良いんだけど、ハイボールの弱さと、まっすぐ飛ばないパントが、少なくない不安を見ているものに与えてしまう人だったんだけど、良くなったのかなその辺?
 一方の市原は一部マスコミでは下部組織から FWを二人ほど招聘したというような記事を見かけたんですけど。予想通り巻のワントップにビットとして工藤と羽生がついて回るといった形でキックオフ。
 当然っちゃ当然なんだけどエメには四六時中誰かしらマークがべったりついていたですね。ちょっと遠目だったので、専属が誰だったのかわからないけど、交代したところを見ると茶野だったのかな。試合途中ミリノビッチが達也のドリブルに一生懸命ついていこうとしているのが見えたし。となると山田の相手は阿部か勇人だったんだろうけど、阿部だったのかな。けっこう山田が真ん中に偏らず得意の右に出たり、左を削ったりしていたからなぁ。今日の山田は運動量は文句なしだったと思いますが、ドリブルの冴えがいまいちで決定的な場面まで持ち込みながら、もう一足が出なかったというシーンもあったりしてました。ただ、まあ山田に関しては、随分と前からエースのような動きを見せていることもあったし、本人も右よりも真ん中でボランチ志望だったみたいなところがあって、トップ下も結構気に入ってやっているのではないかと思われます。活き活きしてたし、傍目に(^_^;;;
 ディフェンスは結果的に 2nd.ステージ初の完封勝利を飾ったものの、危なっかしいったらありゃしないものでした。てかさ DFの三人、誰をとっても昨年まで別のチームにいた選手ばかりだし。アルパイとネネにいたってはシーズン途中から合流した選手だったりと……。まあ、相手の拙攻や決定力不足、そして山岸の再三のスーパーセーブ(≦神憑りセーブ)のおかげで、なんとか零封できたものの、反省点の多い内容だったと思うなぁ。でも、これが一つの自信となって次節以降に繋がってくれることをボクは切に祈ります願います。
 攻撃はまだ詰めの甘さが見えるものの、それらを補って余りある攻撃力というものをまざまざと見せつけ見せられた感じですわ。楽しくてしようがないです。四発零封だかんね。しかも最後の平川の四点目は、美しいそれは美しいゴールでしたし ヽ(^o^)/
 久しぶりの浦和戦はとても楽しく、エキサイティングなゲームでした。いや、マジで今年は行けるかなって思ったよ。まだわかんないけどね。来月あたり、もう一試合くらい観ておきたいですね。
 初めての生ネネ様は相手がボールを持っている1対1には滅法強そうなんだけど、自分がボールを持ったシチュエーションだとゼリッチ並に不安な感じがしました。あ、生アルパイも初見だったか……んとね、強かったです。
 達也もね調子は悪くないんだろうけど、気のせいか前ほどのがむしゃらさが見えなかったような気がします。つ~ても、一点決めればまた元に戻るでしょ、すぐにでも。

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 今月の音盤 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/1575473

この記事へのトラックバック一覧です: 市原 vs 浦和 (国立競技場):

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 今月の音盤 »