« 考えすぎ | トップページ | 忙しい »

雪の降る町を~

 とリリー・フランキー(違っ)ばりに口ずさんでみようと思ったものの、その後に続く歌詞が殆ど分からず、そこらあたりだけがエンドレス状態になってしまい、困ってしまってわんわんわわ~ん、にゃんにゃんにゃにゃ~んなのでした。
 んで、とりあえず思い出だけが凍りついたようですw
 雪が降る降ると脅された割には、出勤で外に出たときはまだ雨だったし、事務所に着いてからも降っていた様子はなく。ただただ白くてふわふわしたものが、空からひらりひらりと風に翻弄されながら落ちているだけでした、う~んうんうん。
 それにしたって天気予報で言うほどの事はなかったと思う。
 でも、あれやろね今日からのセンター試験を受ける人とか、その親御さんとかは気が気でないとは言わないまでも、気苦労は耐えなかったんやろね、きっと。
 正直、今日がセンター試験で助かったって感じ。これが学校毎の本試験だったりしたならばですよ。あっちこっちに呼び出され連れ回されているかもしれなかった訳ですから、戦々恐々ですよマジで。
 ところで、鍋物指数ってなんですの?
 言わんとするところはわからないでもないけど、どういう根拠に基づいているのかはぁ~さっぱりさっぱりですわ。
 マロニーちゃん萌ぇ


|

« 考えすぎ | トップページ | 忙しい »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/2581603

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の降る町を~:

« 考えすぎ | トップページ | 忙しい »