« ワンメイクレース | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

ぷろれすな雑記

“史上初Wタイトル戦 天山3冠獲る!”
 一昔前ならファン垂涎のカードだったのかもしれない。
 いや、今でも十分に集客力のある魅力的なカードであることは間違いありませぬ。
 ただ、そこに漂う雰囲気というか空気の温度に微妙な違いを感じます。
 それこそ橋本、三沢が連続防衛記録を更新していた頃ならば「期は熟した、どちらが本当に強いのか決めようじゃないか」的な盛り上がりがどちらからとなくあるものなんですが。今の状況でそれを求めるのはちょっと難しいかなと。
 現三冠王者の川田は、つい先日も健介相手に防衛に成功し自己の持つ防衛記録を塗り替えたばかりで、多少引っかかりはあるものの、まあ全日のエースとして申し分ない気はします。一方の天山にちょっと不安というか物足りなさを大きく感じてしまうのです。ボク的には天山広吉は、ヤングライオン時代の山本広吉の頃から好きだったので「こういう時期にベルトを持っていて良かったね、頑張れや」と応援したくなること間違いないのです。ただ、正月の闘強導夢大会での出来の悪さといったら、エースとして団体の看板とベルトを背負って外にやってよいものかと……あと、天山は IWGPと相性が悪いのか防衛戦の戦績があまりよろしくないのです。
 天山 vs 川田っていうと、ボクの中ではベストバウトベスト3に入る試合もあったりして、試合の内容自体はものすごく期待できると思うんですけどね。
 あと、もう一つ気になる点というか盛り上がりに欠けるところなんですが。
 各々の団体の持つポテンシャルの違いから、ある種の悲壮感すら覚えてしまいそうになってしまうのです。両団体とも昔日の勢いはすでにありませんが、どちらがより厳しいかといえば、言うまでもなく全日に他ないわけで。今回の記事を読んで「とうとう三冠ベルトまで売りに出さなきゃならなくなったのか」と思わずにいられませんでした。かといって、決して新日も「新日にあらずばレスラーに非ず」と、肩で風を切っていた時代(あったか?)も今は昔で、なんとなく今後のシナリオが読めてきそうなダブルタイトルマッチだなと。でもきっと関東圏でこのカードが実現するのなら、ボクは一も二もなく飛びついてしまいそうです(爆)


|

« ワンメイクレース | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

ぷろれすな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/2615235

この記事へのトラックバック一覧です: ぷろれすな雑記:

« ワンメイクレース | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »