« タイミングの悪さ | トップページ | バカが一人 »

すぽーつ色々

“天山負ければ引退、史上初の頂上決戦”
 とうとう明日です。
 齢三十とちょっとのボクですが、それなりにマット界における時代の転換期となる場面に立ち会ってきたつもりです。新日vs Uインター対抗戦(武藤vs高田)しかり、蝶野様の全日参戦(渕戦)しかり、“生き神”A猪木の引退試合しかり、J鶴田の引退試合などなど……
 しかし天コジによる IWGP-三冠統一戦というのはいまいち実感が湧きません。
 ヤングライオンの頃から、この二人を見てきた者としては、どちらも団体の看板を背負って、それも団体の至宝たるベルトを賭けているという感じが残念ながらしないのです。
 そんなわけで、今回この世紀の一戦をボクは観に行きません……正しくは行けませんですw でも、そんなに悔しくないのは、やっぱりそ~ゆ~事なのでしょう。
 それこそ小島には申し訳ないけど、天山vs川田だと漂ってくる空気もまた違ったものになっていたと思うんだけど。
 おそらくボクの世代の人からすると IWGP V9時代の橋本と、三冠 V8時代の三沢による頂上決戦を期待していただろうし。もう少し上の世代からすれば、J鶴田と藤波の直接対決切望熱望したことであろうと。だって、これらは有り得ない夢物語だから。
 ん~と、ボクはヤングライオン杯を優勝した山本広吉の頃から天山が好きなんで、天山を応援します。コジも嫌いじゃないけど、ボクの根本にあるのは闘魂こと新日本プロレスだからね。

 A3杯の事実上の決勝戦といわれた横浜FM vs 水原のゲームを後半途中から観戦。ちょうど KING大島が下げられて奥が投入されたところ。
 ゲームは 1-2で水原のリードの場面。ゲームの展開云々はわかんないけど、パワープレーをするならば KING大島は外しちゃいけないんじゃないかなと、ターゲットとしても、アタッカーとしても。
 ゲームは GK榎本の目を疑いたくなるようなミスからの連鎖で追加点を奪われピン。昨年の Jでも柏の GK南がすごいことをやっちゃったけど、それに勝らぬとも劣らないとボクは思うよ。チーム事情として怪我人が多かったというのはあったかもしれないですけど、GKは正レギュラーじゃん。
 アジアチャンピオンシップでは、どこまで行けるのか、忘れなければ覚えておこう (ん?

 楽天と巨人の練習試合は流れてしまったですか。
 ところで、オープン戦と練習試合の違いというのはどこにあるのでしょうか?

|

« タイミングの悪さ | トップページ | バカが一人 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

ぷろれすな雑記 」カテゴリの記事

他のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/3000553

この記事へのトラックバック一覧です: すぽーつ色々:

« タイミングの悪さ | トップページ | バカが一人 »