« バカが一人 | トップページ | 今週末から危険とな »

類似したもどかしさ

 IWGPと三冠ヘビーの統一戦は時間切れドロー寸前に小島が畳み掛けて天山を失神KOに追い込み、初の統一王者になったのだそうな。いわゆる劇的勝利というやつだったのかもしれない。
 しかし 60分一本勝負で残り 11秒のところで決着がついたなんてぇのは昨今の新日じゃ珍しいのとちやいます?
 これは、仮にワールドプロレスリング(テレ朝)の時間枠を延長しても、カットカットカットに次ぐカットで、まともに試合を見られることはなさそうですね。その一点だけが、今回ライブで見られなかったことに対する悔しさになるです。
 ところで先日もつらつらと、どうにも天コジはまだ顔じゃない的なことを書きましたが、過去にもこれに似たもどかしさみたいな気持ちを感じた事があったと思い出しました。
 それは WWFが WCWを吸収合併し、それぞれのベルトの統一戦を行ったとき、そしてレジェンドとなった男が“Y2J”クリス・ジェリコだったときとよく似ています。
 いかんせん、WARでライオン・ハートだった頃、というかライオン道だった頃の彼を見ていた人間にとって、あの彼がよもや WWF・WCWの統一世界ヘビー級チャンピオンに登りつめるとは思いも寄らない出来事で、当時引いてあったケーブルテレビの画面をポッカーンとした表情で眺めていた自分がいた事もいっしょに思い出してしまいました、あっちゃ~
 90年代末の WWFのスーパースターといえばザ・ロックがいて、ストーンコールドがいて、当然アンダー・テイカーいて、アメリカンヒーローがいて、他にも星の数ほどのスターがいるなかで、なぜ彼がみたいに思ったものでした、えぇ。
 そういえば WCWのベルトはロックから奪い、WWFのベルトはストーンコールドから奪い統一を果たしたんだよなぁ(ぼぉ
 ボクがどう思うと時代は動いたわけで、晴れて統一王者となったコジマックスには、新たな時代の扉と言われるやつを大きく大きく開いて、次の段階へ歩き出して欲しいものです。
 最強を唱えて、また鎖国に逆戻りなんてことは武藤が社長である限りないとは思うけど……


|

« バカが一人 | トップページ | 今週末から危険とな »

ぷろれすな雑記 」カテゴリの記事

コメント

なんかぶっちゃけ、小島が初の統一チャンピオンといわれてもピンときませんねえ。
一昔前の天コジタッグの時代を知っていても。

やっぱりスタン・ハンセンだなあ(古

投稿: 銀英 | 2005.02.21 22:57

小島には罪は無いんだけど、やっぱり説得力が足りない気がするんだよね。

というわけでボクは日明兄さんがいいなぁ

投稿: ミツルん | 2005.02.24 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/3022598

この記事へのトラックバック一覧です: 類似したもどかしさ:

« バカが一人 | トップページ | 今週末から危険とな »