« それはボクの分 | トップページ | それは錯角 »

全く同じ

 医者の見立て曰く
 「昨年の十月にいらした時と全く同じ症状ですね」
 とのこと。
 んなわけで、昨日は昨年十月某日と全く同じように朝からベットに寝転んでおりました。
 昨年と違うのは、夕方から同じように「皆で飯を食おう」的な話があったのに、無理せずに行か(け)なかった事かしら。まあ、前回と今回では自分の立ち位置が随分と違うからして。
 月曜日の朝という事もあって、いつもと同じように体調不良を示すランプが脳内でペカペカ点滅してました。が、いつもと違う事は、お手洗いに入って間もなく否が応でも気付かされました。
 とりあえずコハルの散歩だけ済ませて、相方に相談のうえ会社を休む事を決めてベットへ逆戻り。相方が出社するをベットから見えないけど見送って、まどろみの中へ……逝けたら良かったんだけど。なかなか、その世界に辿り着かず、幾度となく起き出してはお手洗いへ。
 お昼を少し過ぎたところで、薬を飲むための昼食を買いにコンビニへ。ついでに近所の内科へ行くと、午前の受付は終了し、午後は三時からとつれない看板が、はぅ。部屋に帰り買ってきたパンを、お気に入りのリプトンミルクティーで流し込み、皆大好き正露丸を服用し三時まで眠らないようにして過ごしてやる。
 で、病院へ行き冒頭の一言へ繋がるわけです。
 しかし、病院に行く前まではお腹が壊れただけだと思っていたのに「検温してください」と言われ、はじき出された数値(37.5℃)を見て「くらっ」ときたのは秘密です。
 あとは、部屋に帰って寝て寝て寝倒してやりました。
 おかげで、ほぼ全快した感じですが、寝過ぎで背中が痛いです。

|

« それはボクの分 | トップページ | それは錯角 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/4646385

この記事へのトラックバック一覧です: 全く同じ:

« それはボクの分 | トップページ | それは錯角 »