« 逆スケープゴート | トップページ | こじつけというか安易 »

栃木の王者

 昼前に一人で部屋を出て当所ない旅へ……違う
 温泉に行きたかったから……激しく違う
 国立西ヶ丘サッカー場へ JFL前期最終節

横河武蔵野 vs 栃木SC

 の試合を見てまいりました。
 ふと、これ今年 JFL三試合目だよ。全体的に観戦数が減っている中で、JFLだけ増えているっすよ。赤いユニ着て、声出して、腕を振り上げたいと願う事節でございますw
 ま、どれも好きでやっているんだから、いいんだけどさ。でも、なんでこんなに日程がうまい事合わないのかなぁ
 とりあえず来月は霞ヶ関の国立競技場で二週続けて浦和戦が平日開催されるので、帰りしに寄っていけたらなと企んでおります。
 さて、本当に久しぶりのホームチームの試合を観に行ってきたわけですが、観戦する環境としてはという以前に、今日の天気はサッカーとかする環境になかったと思われ。聞く所によると、今日はあまりの暑さで都内でセミが鳴いていたとか……焼けたよボクも、長袖を着ていって正解でした、マジで。そんなわけで、ピッチ上の選手達は前半の二十分を過ぎたころから、一人抜け二人抜けといった感じで足が止まっていってのでした。とわいえ、それを責める事のできる人が世の中にどれくらいいるというのでしょうw
 今季やたらと調子が良く、目下のところ八連勝でリーグ二位という絶好の位置につけている栃木SCと。開幕当時の勢いが完全に失速してしまった感の強い横河武蔵野のゲームは、前半からカウンターの打ち合いで、お互いに絶好機を何度か作りだしておりました。ただ、一つの違いは、横河武蔵野にだけ黄色いカードが数枚ほど出されていた事だけなんですが。不可解なジャッジだなと思いつつ、とりあえずハーフタイムに突入。
 ハーフタイムに入り手持ちの水分が心許なくなったので売店へ行くと既に長蛇の列ができておりましたが、西ヶ丘は外に出ても最寄のコンビニまで結構あるのでおとなしく最後尾に付きぬるいコーラと、アイスキャンデーを購入。しかし、それらを手にしたときには、もう前半に陣取っていたメインスタンドの席に戻る時間がないと判断し、バックスタンドに籍を移す。すると、周りの声色が前半のそれとは違い、耳に心地よい情報収集向きなところだったのでした。まあ、色々と面白い話を小耳に挟ませてもらいましたw
 で、一番面白くそして面白くなかった話は、今日の主審が恩氏だったということ……ちなみに「恩氏」は、恩さんではなく、恩氏(おんし)さんになります。噂には Jから放逐されたと聞いていたけど、さいですか JFLで有名なあの速い笛を吹いておられましたか。どうりで、あの出るわ出るわの鮮やかな色したカードの枚数だったわけですね。
 納得だけど納得いかないなぁ(ぷんぷん
 そんなこんなで後半開始。後半は栃木がしっかりと形を作ってきた感じで、幾度となく横河武蔵野のゴールを脅かすものの GKの井上をはじめ DF陣のカードをも恐れぬ頑張りで、全てを跳ね返し。そしてエースの登場となったわけです。村山いないなぁと思ったら、怪我で長期離脱してたんだってね(おぃ
 で、村山が登場していきなり陽介との連携で栃木ゴールに襲い掛かるという、なんていうかこれで決めたら叫ぶし泣くぞみたいなところだったんですけど、後一歩及ばず。でも、ここから横河武蔵野の時間帯だと思った矢先、件の恩氏の早い笛が響き渡るわけですよスタジアムに……え、遅延ですか、それとも非スポーツマンですか、どれをとったにせよ襷にすら短いようにしか見えなかったんですけど、村山に黄色いカードが。ほどなく、左サイドからのパスを受けゴール前へ切り込む村山が PA内で倒れたのを見て、あの恩氏は嬉々とした表情(想像)で、村山に本日二枚目の黄色いカード、そして合わせ技の赤いカード。
 激怒
 あれでシミュレーション獲られるのかって、別に PKを寄越せとは言わないけど、シミュレーションならシミュレーションで、最初は注意くらいで済ますだろ、ふつ~。しかも、倒れたのは既に一枚喰っている選手なわけだし
 その後の、ピッチを去るまでの村山の悔しそうな姿が忘れられません、本当に悔しそう、いや悔しさ爆発でした。コーチに肩を抱かれて下がっていく姿に、ボクだけでなく当然のように周りにいたサポの方々も声を荒げられておられました。「恩氏、給水しろ」と (爆)
 その後、中島が怪我でピッチを離れ、横河武蔵野的には踏んだり蹴ったりの上に、現在 JFL得点王の若林に決められ、それが決勝点となり、悪い流れを断ち切る事ができなかったです。得点が決まった後、恩氏が思い出したように栃木に二枚くらい黄色いのを出して帳尻合わせをしてました。あれも、随分と基準があいまいな感じでした。少なくとも、前半に横河武蔵野が同じことをやったら、いきなり二枚の黄色いカードを提示されて、合わせ技一本ってことになっていたんじゃないのかな(ぶぅ~
 次節、ホーム武蔵野グランドに群馬ホリコシを迎えるわけですが、痛すぎますね。
 今日の勝利で、栃木SCが得失点差とはいえ、ホンダFCを抑えて JFL単独首位に立っちゃいました。

 余談:五月江戸川競技場に行ったときに観た佐川東京vs群馬ホリコシの試合を裁いていたのも恩氏だった模様。そういえば、あの日もカードが出ていたね不可解なの。


|

« 逆スケープゴート | トップページ | こじつけというか安易 »

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/4720348

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木の王者:

« 逆スケープゴート | トップページ | こじつけというか安易 »