« 空梅雨→梅雨→!? | トップページ | そこから »

ふっちぼーるな雑記

 鳥栖が去年と同じ轍を踏みそうな雰囲気です。
 きっと、サポーターとしてこんなネガティブな事を考えてはいけないと思いつつ、いろいろとオーバーラップしてくるものがあるですよ、サポゆえに。
 とりあえず、今週末は久しぶり(中二週)のアウェイ三ツ沢でのゲーム(vs横浜FC)なんで、今までよりも少しでもチームが乗れるような応援というものをしたいなと思います。具体的には、まだアレなんですが、大丈夫、きっと大丈夫。
 しかし、こういうとき中断期間のない J2というのは本当に怖いです。
 さて、中断期間のあった J1は再開して、我等が浦和はナビスコ杯予選から続きに続く新潟をホーム埼スタに迎えてのゲーム。エメが帰ってこないとか、ネネ様が出られないとか、不安要素は数あれど、正直それらは大きな問題ではないと思ってました。別段、新潟を格下扱いをしているわけではなく、ちゃんと浦和のサッカーができれば、少なくとも国内のクラブで勝てない相手はいないという、根拠のない自信がボクの中に勝手にあるからですw
 個々の能力はプロである以上大きな差はないはずなんです。別格とか想定外・規格外という選手は当然いるけど……
 じゃあ、どこにボクが浦和を信じられる要素があるのかといえば、Jリーグが始まって十余年。その間に積み上げてきた、浦和のサッカー(≒スタイル)というものが確固として出来上がっているからです。途中、幾度となくそのサッカーが崩されそうな事がありました、そうなる度に浦和は弱くなり、そして強くなったのです。そういう、たかだか十年ちょっとという短期間ではありますが歴史に裏づけされたものが、サポーターの中にあるかぎり信じ続けられると思うのです。
 逆を言えば、鳥栖には「これが鳥栖のサッカーだっ!」というものがまだないがゆえに、もがき苦しんでいるのだと思います。ただ、それも昨年から指揮をとっているイクヲさんが、きっと創り上げてくれるものとボクは信じています。
 高い位置からのプレス、両サイドの追い越し、頑強なセンターバックなんてものが思いつきます。そこに宮原の FKとか、高林のミドルとか、義希の突破とかオプションが増えれば増えるだけチームとしての力は高くなっていくのだと思います。
 しかし、怪我人が出てはチーム力は否が応でも落ちます。
 今年の JFL開幕当時は春の珍事と言われるほどの快進撃を見せていた横河武蔵野でしたが、前期終了時は例年どおりの中位に後退していました。その最たる原因は、やはり主力に怪我人が続出してしまった事だと思われます。そのおかげで、横河のサッカーをし続けることが出来なくなり、今の位置に落ちてしまったのかなぁ……って、憶測かよw
 わ、ともかく前節栃木に敗れたものの、後期開始の試合でホームに J加盟を目指す群馬ホリコシを迎え、ちんちんにやっつけちゃったそうです。しまった、観に行けばよかったって出勤日だったんか(涙)
 はて? ホリコシの昇格はかなりキビシイ状況になったんとちやいます。


|

« 空梅雨→梅雨→!? | トップページ | そこから »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/4826596

この記事へのトラックバック一覧です: ふっちぼーるな雑記:

« 空梅雨→梅雨→!? | トップページ | そこから »