« 夢にまで見た | トップページ | 逆マジックが消えた…… »

レッツ ビギン でございます。

 いや、タイトルに深い意味はなし。
 というか、先週? TVKで放送されていた小麦ちゃんの先行放送を、今日になって見たので、こんな言葉が出てきただけのことでございますわ。
 最終話だったんだねぇ。
 Zになってからの一本目も、前作の最終巻も買ったことに満足して、まだ開封してないのに、シリーズ最終話を見てしまったです。
 ま、いっか。
 それを見た目と足でもって、夕方より外出。
 向かった先は立川にあるシネコン。
 見た作品は劇場版「XXX HoLic 真夏ノ夜ノ夢」と同時上映の「ツバサ・クロニクル」
 先に上映されたのは「ツバサ・クロニクル」。
 某国営風放送局でアニメ化されているアレですね。
 多分、今のところ全話録画してあるはずなんですけど、まだ一本も見てないアレですか……箪笥の肥やしか
 というわけで、今更ながら小狼とさくらの声の違いにギャップを感じていたりしてw
 それはともかく、感想としては「スチームボーイ → ガッチャマン」といったところでしょうか。
 なんか、これだけでも十分にネタバレになっているような気がするっす。
 だから、これ以上は書きませんですの。
 ああ、でも一つだけ書き加えると、いわゆる「P.S.」ってやつをするとですね。ものすごく、間の抜けた(≠マヌケ)作品になってます。
 もう少し親切にしてくれても良いんじゃないかなぁ

 んで、真打ちってぇのは後から出てくるもんだというわけで「XXX HoLic 真夏ノ夜ノ夢」でした。
 こっちは、内容云々よりも先に画が酷かったです。
 そら、原作も線の太い絵を描かれてますが、それは別に手を抜くための技法ではないはずと思います。なんだろう、CLAMPの絵をいしいひさいちが真似て描いたみたいな感じですよ、例えて言うなら。それが全編に渡るってんなら、そういう作りなんだなと思えなくも無いのでしょうけど、全体の六~七割くらいがそれなもんだから、なんか微妙にムカつくんですよね。これは、あれだ劇場版の「Zガンダム」を見たときにも感じたのと同種の憤りですな。キャラ画が北爪さんじゃないだけで、少なからずもといとてもご立腹になれたんですから、はい。
 ただし、内容のほうは割とましだったかも。といってもストーリーは割とありがちなネタの組み合わせだったですが、その見せ方が劇場という事を意識したものだったんじゃないかと。まあ、動画(≒テレビ)であれば何とでもなりそうな気もしないではないですが。原作がコミックである以上、そこでは出せない表現や味というものを意図的に前面に出してあったと思います。
 ただし、両作品をひっくるめて今日の感想を言うならば、つまらない作品だったと言ってしまうでしょう、ボクは。事実、帰り道は相方に「怒ってるの?」と聞かれるくらい、態度がそっけなかったですから。
 申し訳ない、あれはただたんに作品がつまらなかった事に対する、やり場の無い怒りを押さえ込もうとしていただけなんだよ。って、隣にいるんだから口で言えよみたいなぁ(爆)
 あとね、不機嫌の理由の一つは横河武蔵野が負けちゃった事にあるのさ……三年連続だよ(くぅ

|

« 夢にまで見た | トップページ | 逆マジックが消えた…… »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/5683579

この記事へのトラックバック一覧です: レッツ ビギン でございます。:

« 夢にまで見た | トップページ | 逆マジックが消えた…… »