« 夏フェス | トップページ | あ゛ »

ふっちぼーるな雑記

 昨日は甲子園と西ヶ丘と埼スタと鳴門へ時間差で、時には同時に「勝利」の念を送ったのですが、さすがに最後の鳴門は遠かったか、それとも送られた念が足りなかったか、そこだけ結果を得る事が出来ませんでした。
 甲子園まで飛んだんだから距離の問題ではなかったと、だってあと少し足を伸ばせば届きそうなもんじゃない、違う?
 やっぱ、方々に送り続けたせいで、送った本人は気が付かなくとも、実際に現地に届いていた量が絶対的に不足していたのかな、要反省です。

 まずは甲子園ですが、正直嬉しいという以上の気持ちは無いですね。一応、南北海道出身者としては。正直、連覇は無いと思っていたし、根拠は無いけど。ていうか、それはきっと世の中の大半はおろか大多数の人がそう思っていたでしょう。ただ、あのトーナメントが発表された時点で、ちょっと心が動いたので八月三日の予想が立ったのでした。

 んで次は、まるで思い出されたように付け足されたように書かれている西ヶ丘では何があったのかというと。東京都サッカートーナメント準決勝戦

横河武蔵野FC vs 国士舘大学

 があったですよ。
 一応ね、クラブチームなんで大学生なんかに負けてちゃいけないんだけどね。しかも、まだ準決勝だし。
 こちらはゲームの流れなんかは一切わからないんだけど、とりあえず後半に陽介が決めて、なんとか決勝戦への切符を手にした模様。今季のリーグ戦では、あまり活躍を聞かない陽介だけど、やるときはやるチャラ男だったんだね(をぃ
 んな、わけで来週も西ヶ丘に念を送ります。打倒佐川東京です、そして久しぶりの天皇杯東京代表として出場するのです(おぅ

 埼スタは言うまでも無く、我らが浦和レッズのゲームがあったです。一ヶ月にも及ぶ中断期間にエースである達也が華々しい代表デビューを果たしたものの、その裏で怪我をしてしまい、今回は出られず。つ~か、ちょうど累積が溜まっていたような気がしないでもない。その代わり、新外国人助っ人二人が、先日のナビスコ杯に続き先発。
 どうやらマリッチはポストプレーを求められているようで、今のところ得点を度外視した使い方をされているらしい。もっとチームにフィットすれば、当然結果も求められるようになるんだろうけどね。それよりももう一人の助っ人ポンテさんですよ。なんとなく可愛らしい感じの名前の割に、出すパスはキラーに近い切れ味を持ち、放つシュートはいやらしいコースにきっちりと決めてきます、早く生ポンテを見てみたいです。そのポンテさんの1アシスト1ゴールという大活躍のおかげで勝ち点3をゲットです。上の2クラブが揃ってこけてくれたので、完全に首位が射程圏内に見えてきました(押忍っ

 最後の鳴門がダメだったってばよ。
 新居の先制ゴールが後半二十五分で、そのあと徳島の羽地に立て続けに同点弾、逆転弾を撃ち込まれた模様。そこから跳ね返すだけの力が今の鳥栖には無かったということか、それとも先制から追加点、そして駄目押しへと持っていく力が足りないのか。なんにせよ昇格レースにまた乗り遅れてしまった感が強いです。
 どこぞのテレビ局じゃないけど「負けられない戦いが、そこにはある」なんですよ。今の鳥栖にとっては、毎試合が。いや、プロである以上、何時如何なる時でもそういう心構えじゃないといけないはずだとボクは思うのです。なんか、その辺のメンタル面というのか、弱い気がします。
 二位の福岡が勝ってしまったので、また差が 13まで開いてしまいました。三位まででも、まだ 6点差あります。狙えない距離じゃないけど、狙うには覚悟のいるところだと思うです。チームはもちろん、サポーターにもね……え、ボクもですか?

|

« 夏フェス | トップページ | あ゛ »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/5576308

この記事へのトラックバック一覧です: ふっちぼーるな雑記:

« 夏フェス | トップページ | あ゛ »