« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | リーディング公演 »

モチベーション

 が高くないわけじゃないんだろうけど、なんとなく昨日も同じようなものを見たような気になってしまったです。

浦和レッズ vs 横浜Fマリノス

 昨年のチャンピオンシップ以来の浦和戦でかつ埼スタで、更にはそのときと同じカードってぇのは何かの符号かね?
 それはともかく、やはり浦和ホームのゲームと言うのは、あきらかにボクが他の会場で見ているそれや、ゴール裏で応援して(≠騒いで)いるあれとは大きく雰囲気が異なります。一言でいうと「圧倒的」です。
 今日はアッパー席だったので、彼らのコールに加わる事は出来ませんでしたが、次の機会にはやはりあの場所に戻って、浦和サポというだけの、そして浦和サポという最高の関係の仲間達と一緒に声を出して、腕を振って、飛び跳ねたいなと切に思うのでした。
 さてゲームの方ですが、前半はとにかく互いの長所の潰しあいに終始した感じ。決定機は両チームあったものの、活かせず終いで終了。ここで思ったのは、ボクは山田に対してそんなに大きな大きすぎる期待を寄せてしまっているのだろうかということ。左にいるアレックスに対する期待などさらさらしてないのですが、右に位置する山田に対しては、かれこれ随分と前からずっと期待をしているのです。だって、できるんだもん。ひとたび目覚めたなら、そのドリブル突破は超高速だし、ライン際から上げるクロスは正確無比、放つシュートは豪快にネットに突き刺さるというシーンを何度も見ているんだもん。でも、そんなプレーを見せてくれるのは、稀だったりする。もっとコンスタントに能力を発揮してくれれば、代表にも残ってられたと思うんだけど。で、今日の山田は後者の方で、あまりボールに絡むシーンが見られなかった、残念。期待の薄いアレックスのサイドも決してマッチアップしていた隼磨に押されていたわけでもないのに沈黙。つ~か両チームともサイドからの崩しが殆ど見られなかったなぁ。前半は割とネネ様からのフィードが有効に働いていたんだけど、後半はそこも潰されちゃってたし。ボク的初見のポンテは那須ないしマグロンのマンツーマンかと思うようなマーキングをし、さらにボールが入ると最終ラインからも増援を呼び、かならず数敵有利を作って潰していたし……。となれば、マコ様こと浦和の誇るパサー長谷部のゲームメイクに期待がかかるんだけど、マッチアップの奥を抑える方に力を割いてしまい、前半は殆ど消えていたような。それでも前線の達也と永井は時々存在感を見せつけるような突破を見せてくれていたんだけどねぇ
 後半に入っても、状況的にはあまり大きく動きはなく。むしろ、ここからの主役はもしかすると主審かも。やはり、裁定に揺らぎがあるんですよね。それで試合を止めるなら、そのひとつ前のプレーはなんでスルーなの? みたいな。
 途中坪井が負傷退場してしまい流れが変わっちゃうかなと思ったら、堀之内がしっかりとラインを統率し守りきってました。でも、時々5バック状態になっていたように見えなくもないし、最終ラインがサイドの山田だったりもしてた……今日は本当にピッチを広く見られる席だったなw
 後半も残り二十分を切ったあたりでアレに代わって平川が投入されてところで、やっとゲームにスピード感が生まれる。ただし、両チーム共に(はぅ
 平川の方が絶対機能していると思うんだけど、なんでギドもジーコもアレを重用するのかよくわからん。たしかに、両者の現在のポテンシャルのマックス値で比べるならば、キレキレのアレの方が魅力的かもしれないけど、今日のようにチームにマッチングしないプレーが続くようなら、もっと早い段階で平川を投入していたら良かったんじゃないかと、常々思うのだ、ボクァね(-_-;;;
 かなり惜しい展開が続いたものの、結果的にはスコアレスドロー。
 直接対決の上が共倒れ(引分け)になってくれることを、期待しつつ帰宅の途につく。
 たら、本当に引分けでやんの。
 苦しいは苦しいけど、まだ捨てるなんて勿体無いというくらいの希望と可能性が残ったぜ(おぅ


|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | リーディング公演 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/6101668

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーション:

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | リーディング公演 »