« 窓xp英語版を日本語化する | トップページ | モチベーション »

ふっちぼーるな雑記

 東京駅八重洲口に朝の八時に集合し、今年三度目のバスツアーに便乗し、本日は水戸は笠松運動公園陸上競技場へ行って参りました。つ~か、笠松って水戸じゃないのな、初めて知ったですw
 初めてついでに言うと、笠松デビューでした(いぇ

水戸ホーリーホック vs サガン鳥栖

 いきなりですが、結論から。
 審判の揺らぎが大き過ぎるです。
 一応ラインズマンとの対話による確認はあったようですが、それが逆に混乱を呼んでいると思われる場面も何度か見られました。たとえば、そういうスタイルに慣れていないのだとしたら、これまで一体何をしてきたんだと言う事になるだろうし。レフリー同士の見解の相違が、この揺らぎを招いているのだとすれば、事前の打ち合わせなどの量や質が不足しているのだろうし。なんか、やりきれないゲームを見せられた気分です。
 まあ、レフリーだけがゲームを作っているわけではなく、実際にゲームをしている選手たちの方が大部分を構成しているのは自明の理なのです。でもって、今日はその選手たちの動きに精彩を欠いていた(両チームとも)というのが、一番の要因なんだが、それに輪を掛けるような判定に、我々は激怒し落胆もするのであります。
 これまで一貫して貫いてきたシステムである 4-4-2から、怪我人続出でとうとう回しきれなくなったためか、昨年までの 3-5-2(2V)へ変更してきたイクヲサガンでした。しかし、久しぶりの先発で左サイドに竹村の出来が今ひとつというか、今百つくらいで、持ち前の左サイドの突破以前に、1対1の勝負に悉く負けていたような。逆に、そこから水戸に展開されていました。むしろ、前半なんかは明らかに義希のいる右サイドにスペースがあったように見えたのだけど、なにか指示が飛んでいたのかな「竹村を使え」みたいな……
 噂の濱田に関しては、殆ど消えていたようにボクの眼には見えました。いや、見えなかったんだけど(ん?
 悪い事ついでで、何を格好付けたいのかヒールパスやスルーを多用しようとして、あまり成功していなかったのが目に付きました。過去、浦和レッズが調子を崩しているときにも、そういったプレーがよく見られたような覚えがあります。もっとシンプルに手数をかけずに素早く相手ゴール前に迫り、そしてフィニッシュまでもっていく、そーゆーサッカーをして欲しいなと思ったのでした。
 良かったところは、ビジュ様は偉大です。1対1は殆ど負けないし、シュートコースは体を擲ってでも塞ぎに来るし。あと、二人くらいビジュがサガンにいれば、バックラインの不安は今よりもう少し小さくなるのになと思いましたw
 昔、トルシエが「明神(柏)が十一人欲しい」みたいな事を言ったとか言わないとか、そんな話がありましたが、まさにそんな感じです。
 今日の敗戦で本当に数字上以外で三位以内いわゆる昇格圏内に残る事が難しくなりました。たとえ机上の空論だとしても、可能性があるならばそれに向けて応援をしていくのは当然なのですが、正直なところモチベーションの維持が難しくなっているのも事実です(あは
 試合後のミーティングでも出ていた事ですが、この先何をもしくは誰を推していくか、そういった事を考える時期に来たのかもしれません。やっぱ、新居の得点王というのが、一番手っ取り早い目標になるのかなぁ
 次は再来月まで行けそうなアウェイ戦がないので、しばらくは悶々として待つです、鳥栖に関しては。
 明日は久方ぶりの浦和(埼スタ)もあるし、天皇杯もあるしで、決して来月は暇ではないのです、暇じゃないと良いなと思うのです。

|

« 窓xp英語版を日本語化する | トップページ | モチベーション »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/6085922

この記事へのトラックバック一覧です: ふっちぼーるな雑記:

« 窓xp英語版を日本語化する | トップページ | モチベーション »