« 住めば都 | トップページ | 三連休の過ごし方 »

ふっちぼーるな雑記

 目の前で胴上げを見せられる事ほど辛いものはないらしい、知らんけどな。
 そういう意味では、今季の鳥栖から見た京都との相性のよさは幸いしたといえるのでしょう。
 平日開催だった昨日の京都vs鳥栖のゲームは、京都の超強力絶好調攻撃陣を完封シャットアウトに押さえ込み、虎の子の一点を守りきって、今季対京都戦三勝目をゲットです。今季ぶっちぎりで首位街道を走り、もう昇格を手にしたといっても過言じゃない京都にとって、この一年唯一勝ち越せなかったチームが鳥栖だったというのはどういう気持ちだろう。
 鳥栖サポとしては嬉しいのは当然なんだけど、なんか複雑です。なぜに京都に勝ち越せて、ダントツ最下位街道を歩んでいる草津に二敗もしているのか、横浜FCにも勝てないのか、はてまた数的優位の時に限って負けるのか、本当に不思議です。モチベーションになりえないということなのでしょうか。
 前節の仙台戦、昨日の京都戦と上位を相手に連勝し、また(まだ?)昇格レースに再参戦できそうな雰囲気が漂っています。数字の上では、自動昇格の二位まではまだまだいけるんだけど、現実的には入替戦の三位争いがいっぱいいっぱいと思われ。その為には、次節の草津戦を取りこぼさない事が最低条件です。
 濱田や立石といったシーズン終盤に加入した選手達が、ちゃんと機能しているように見えるって事は、イクヲさんが監督就任以来二年に渡ってコツコツと作り上げてきたもの、鳥栖のサッカーというものが完成形に近づいているということなのでしょう。もっとも、空いたポジションにムリクリ当てはめたというよりは、欠けたピースに近い形を探して持ってきたというのが正解なのかもしれませんがw
 シーズン終了後にレンタル組が抜けた時に、同じサッカーができるかどうかがひとつのバロメーターになるのかもしれない。
 つ~か、レンタル選手って……マジ、やばくない↑

 ナビスコ杯準決勝の浦和戦はねぇ
 主審が上川さんと言う時点で気付くべきだった(何を?
 二点先制したまでは良かったけど、その後はもう……市原相手に二点のビハインドは大きすぎるね。
 実質三点のビハインドだったか。
 スクランブル出場のディフェンス陣が踏ん張りきれなかったということよな。闘莉王のイエローとかイエローとか、合わせてレッドとか(はぁ
 ポジティブに考えよう。
 これで、今年は国立のチケットが取れなかったと涙で枕を濡らす事がなくなったのだと(涙)

|

« 住めば都 | トップページ | 三連休の過ごし方 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/6284211

この記事へのトラックバック一覧です: ふっちぼーるな雑記:

« 住めば都 | トップページ | 三連休の過ごし方 »