« 主旨には賛同するですが | トップページ | イメージ駄々崩れ »

そのうち、気を付けませう

“キャッチボール訴訟の和解が成立”
 おちおち子供同士で遊ばせられませんな。
 よもや十歳の子供が 150kmを越えるような剛速球を投げたとも思えません。ましてや偶然にも「消える魔球」などを投げてしまったとも考え辛いわけで。よはり不慮の事故だったということなんでしょう。
 でだ、自分が親なら同じように加害児童の親を相手取って裁判を起こすのかもしれないけど、今現在全くの他人の目で見た場合、なんだかなぁと言う気がしないでもないです。失った痛みは大きく痛いのだろうけど、その子を失ったのは両親だけじゃなくて、いっしょにキャッチボールしていた子供にとっても、友達を自らの手で失ってしまったという、とてつもなく大きなものが圧し掛かっていると思うわけです。
 だからチャラにしろというつもりもありませんが、なんか腑に落ちない感じが残ります。
 もう一つ、六千万円という金額ですが、先日のココでも書いたバージンロードでけ躓いた、おばさんが最初に請求した金額も六千万円でしたね……どういう計算式で導き出された数字なのかは知りませんが、同じなんだねぇ

|

« 主旨には賛同するですが | トップページ | イメージ駄々崩れ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/7482522

この記事へのトラックバック一覧です: そのうち、気を付けませう:

« 主旨には賛同するですが | トップページ | イメージ駄々崩れ »