« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

ぎゅうぅ~

“牛肉輸入の禁止解除 農水省と厚労省”
 国産だから絶対大丈夫というわけではなくて、米国産だから必ずしもキケンが危ないというわけではないということはわかっているつもり。
 でも、やっぱリスクは避けたいじゃん、できる範囲の事ならばさ。実際、米国からの輸入がストップした状態でも何とかなってきたんだし。あちらにはあちなりの事情というものがあるんだろうけれど、結局以前から言われている不十分な検査方法しかしない状態で輸出を開始するわけだ……自分らの国は隣の国からの輸入を再開したのかい?
 あと、不思議なのは、なぜこの国の役人が輸入再開に際しての説明会をするのかって事ね。むしろ、それをすべきは輸出側の義務とか責任だと思うんだけど。
 笑っちゃうのは米国産牛肉使用の店は、その旨を表示する必要があるとの事。引くなぁ、そんなの見たらw
 まあ、こそこそ陰に隠して表示するというのもあるだろうし。ポジティブに安全性を訴えていくというところも出てくると思う。自由競争だからね、ルールを大きく外さなければ問題ないのでしょう。
 そんなわけで、ボクも気が付いたら食べていたということになりそうです
 然るべき時の基準としては
“「使いたいが使えない」 牛丼のすき家が見解発表”
 ここが使い始めたらというのがひとつあるかな。
 これはこれで、一つの宣伝なんだけどね。
追伸
“ハリウッド版「エヴァンゲリオン」、製作進行中”
 劇中オリジナルで牛(っぽい)型の使徒を出して、初号機が「喰ってる」をやってくれれば、米国産牛肉の売上もガーンと落ち込むこと間違い無しです(おぃ
 今更、エヴァが国内の消費に影響するレベルなんて大したこと無いかな。
 まして、逆輸入実写版なんて。

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

S.B.の知る限り、この問題に数値的裏付けのある「安全性」というものが存在したことはないと思う。ひどいこと言うと、「全頭検査が米国主張方式より安全であるという学術的裏付けはない」ということ。
全頭検査の方が「安心」であることは間違いないけど、今後の研究の結果次第では、「全頭検査も無駄でした」という結論が出る可能性はあるよ。
算出不能なリスクの多寡を語ってもしょうがないところはあるんじゃないかな。

もちろん、現在の全頭検査体制が気休め以上のものではないことを熟知した上で、それでも安心を求めるのはアリだけど。

投稿: S.B. | 2005.12.13 23:59

 寡聞にしてボクも知りません。
 ただ、「安全」により近い「安心」を選ぶ事ができるのなら、なにも、わざわざ「安全」から遠いものを取る理由はないかなと。

 あとは、あれだねメディアの報道以上の判断基準をボクが持たないだけに、専門家(すき屋)が大丈夫と判断したくらいが一つのポイントになるとそう思っているわけよ。

 まあ、豪州牛も随分とこなれた金額になっていることもあるし、なんとかなるんじゃないかなってのは甘いかな?

投稿: ミツルん | 2005.12.17 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/7587276

この記事へのトラックバック一覧です: ぎゅうぅ~:

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »