« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 天然記念物の事 »

温度差の事

 なんか、明日と言うか今日と言うか、関東でも雪が降るという予報が出てます。降らなくとも、十分に今年の大寒波のすごさを、寒さだけで感じ取れていたのに、余計なおまけはいりません。
“米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入”
 さて、あれだけギリギリと圧力をかけてかけてかけまくって、やっとこさ輸出再開させた米国政府の熱と。実際に輸出をする末端の業者との間に、どれほどの温度差があったのか、一目瞭然というやつでございます。
 もし、それがないのだとしたら、舐められすぎですよニポンは……知っていたけどさ!
 輸出しちゃダメな部位だという事を知らなかった的な発言を小耳に挟みましたが、つまりなんだ連中は日常的にそこを食べているという事か、そうなのか? 二~三十年くらい経って、超遅れ馳せながら社会問題になっても知らんし、あとは巻き添えにはしないでくれと切に願います。
 吉牛はこれから緊急会議をするんだそうだ。
 一番、圧力に組していたところだからね、どうでるかある意味見物です。逆の勢力の出方も、同じくらい見物ですね。

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 天然記念物の事 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/8255851

この記事へのトラックバック一覧です: 温度差の事:

» アメリカ産牛肉が再び全面的輸入停止にっ! [やっばり言いたい中年のひとこと日記]
<米国産牛肉>再び輸入禁止 危険部位の混入確認 (毎日新聞) - 1月21日1時54分更新 政府は20日、米国から同日朝輸入された牛肉に脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが確認されたと発表した。成田空港での検査で、一まとまりで空輸された41箱のうち3箱(55キロ)から見つかった。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱などBSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の除去が義務づけられている。この違反を受けて政府は、米国から原因について報告があり安全が確認さ...... [続きを読む]

受信: 2006.01.21 11:22

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 天然記念物の事 »