« 昔日の事 | トップページ | 三連休初日の事 »

青空の事

 暮れに一日だけ雨が降ったきり、帝都はひたすら乾燥した晴天の毎日を送っております。
 とても日本海側の広い地域で大雪を通り越した豪雪が降り積もり、様々な被害を出しているなんて信じられない気分です。
 しかし、あの降雪量は雪国出身者であるボクにとっても現実感がないもので、だからなのか必要以上に対岸の火事もとい大雪にしか見えないのは、なにかの皮肉かしらw
 笑ってんじゃねぇ~よ。
“「日本橋に青空を」一声発動 コイズミ記念碑?”
 景観的にあの橋の上を高速道路が架かり、常に暗い影を落としている姿は決して美しいものではありませんし。夏場などは、その日陰に定住所のない方々がたむろっている姿をよく見かけます。やっぱり美しくはないと思います。
 しかし、だからといってそのためだけに記事にあるような金額を使ってしまうのは、如何なものかと思ってしまうのです。
 あれか工事が終わった後、脇の公園にブロンズの胸像でも経てて欲しいのか?

 「日本橋に青空を取り戻した首相」

 というようなプレートをつけた。
 消費税の増税はとりあえず任期中には実施されなくとも、事実上の決定は彼の任期中のものなわけで、結局市民から巻き上げた血税の使い道の第一弾はこんなこと(必要ないとは思わないけど)なのかと思うと、なんかやるせないですね。
 


|

« 昔日の事 | トップページ | 三連休初日の事 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/8036014

この記事へのトラックバック一覧です: 青空の事:

» 小泉純一郎の 「日本橋に青空を」 [すりこ木日記]
この話を聞いて、普通なら「良いことやるネッ!」ってほめてあげたいところなんだけど、小泉改革とやらで国民に負担を増やしている国家財政の状況を考えてみるとこんなことしている場合じゃないだろう!と怒鳴ってあげたいくらいだっ。 小泉首相 「日本橋に青空を」一声発動 コイズミ記念碑? 小泉純一郎首相が一大事業に号令を出した。またもや標的は高速道路だが、今度は東京・日本橋の上に架かる首都高速道をよそに移せ、という計画。「無駄な公共事業�... [続きを読む]

受信: 2006.01.07 15:57

« 昔日の事 | トップページ | 三連休初日の事 »