« バレンタインディの事 | トップページ | ぷっちばぶるの種の事 »

いくらなんでもの事

 出先からの帰り道、銀色の車体に青いラインが入った電車に最北の駅から乗り込み、しばしピンク色の紙面が一部で有名なサッカー専門新聞(つ~か首都圏限定なのかな、まだ?)を読んでいると、学校帰りの女子高生の小集団がわいのわいのとボクの目の前の席にずんずんと陣取る。
 彩の国をなんかして、女子高生達が一人減り二人減り(まとめて降りていたかもしれず)して、帝都の入り口の駅に着いた時には一人になっていた。一応の目安として、帝都に入ったら睡眠しようかなというつもりでいたところ、一人残ってい女子高生がボクの隣に席に移ってきたのです。
 そしておもむろに
 「それ、どこの制服だっけ?」
 やけにフランクにだけど……え?
 そりゃ、ブレザー(いつも)だし、ダークグレーのチェックのスラックスだったし、白っぽい(淡い黄色)シャツだったし、ネクタイは赤かったし、服装だけ見ればもしかしたらそう捕られなくも無かったのかもしれないけれど。
 電車の中で畳んではいても新聞を広げ読んでて、左手薬指には白銀色の輪っかがあって、でも見間違えるもんかねぇ。
 知っている人は知っているかもしれませんが、当方当年とって 21(HEX)歳です。それでも数年前までは「20(DEC)代半ばくらいで行けるよ」とは言われたものでしたが……さすがに(はぁ
 あ、その後は別にその娘と何があったと言う事はなく、上野の駅に着いた時点でサヨナラでございました(為念
 

|

« バレンタインディの事 | トップページ | ぷっちばぶるの種の事 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

すげぇ。

ちなみに、ワタクシは九州時代、スーパーで焼酎を買うときに
「あんたハタチこえとっと?」
って聞かれたことがあります(笑)。

ハタチになったばかりの頃、高校の後輩を引き連れて飲みに行ったんです。
最年長のワタクシだけ年齢聞かれましたがな…。

ではでは。

投稿: Hide | 2006.02.16 00:10

 十代の最終段階に東京砂漠の荒波? にもまれていた頃
 とある客先で「まだ、24~5ですか?」
 と、言われたことがあります……
 あまり、顔が変わっていないらしいです。

 

投稿: ミツルん | 2006.02.16 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/8677195

この記事へのトラックバック一覧です: いくらなんでもの事:

« バレンタインディの事 | トップページ | ぷっちばぶるの種の事 »