« 窓から見えるわの事 | トップページ | 引越中間報告の事 »

是非なかじ作品をの事

““戦争もの”と“学園もの”――、実写化して欲しいマンガの傾向”
 実写化して欲しいマンガ作品ということで、なかじ有紀さんの作品を推薦したいと思いまふ。
 いや、故まおたろ物語ではなくてね……
 某巨大掲示板では口さがない人たちにマンネリとかなんとか言われているようですが、ボク的にはかれこれ十年(もっと?)コミックを買い続けている者の一人でありまして。そのお約束的な展開も含めて好きなんですけど、ダメですか?
 ダメとか、良いとかいう問題じゃないけどね。
 わりと今なんかなかじ作品を実写化し易い環境だと思うんだけどね。ほれ、小池徹平がどのなかじ作品でもぴったりフィットするですよ。「RED」なんか実写化すれば、ライブシーンなんかなれたもんでしょ、きっと。あれなら、相方のウェンツも出し易いだろうし。
 ところで、ランキングに挙がっている作品を見ると、ボクが読んだことのある作品が殆ど無いのな。なわけだから、その作品が実写向きなのか、そうでないのかさっぱりわかりません。ただ、キン肉マンとか明らかに無理っぽいと感じるんですけど、そんなことを言うボクって夢がないですかね?
 キン肉マンって男女でランクインしてるのな、ありなんだあ~ゆ~の、ふ~ん。
 スラムダンクあたりは、キャスティングに失敗さえしなければ、大きくこけることはないと思われ。ただ、万人に対して失敗しないキャスティングなんてものはありえないわけで、各品に対する周囲の期待が大きければ大きいだけ、それに伴うリスクは期待以上に大きくなるのだ。だから、誰もやりたがらないんだろうねw
 あてずっぽ~

|

« 窓から見えるわの事 | トップページ | 引越中間報告の事 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/9144639

この記事へのトラックバック一覧です: 是非なかじ作品をの事:

« 窓から見えるわの事 | トップページ | 引越中間報告の事 »