« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 負けない浦和の事 »

星の鼓動は愛の事

 遅れ馳せながら劇場版Zガンダム三部作の最終章である「星の鼓動は愛」を鑑賞してまいりました。
 いや、今日が映画の日だって事をすっかり忘れていて、ちょっとお得な気分(るん
 わ、ともかく、なにがなんだかって作品に仕上がってましたね。
 とにかく戦闘シーンばっかしで、五分前の戦闘シーンと今見ている戦闘シーンが同じ物なのか別の物なのかすら区別するのがタイヘンでした。
 テレビシリーズをリアルタイムで見ていた人間でも、ちゃんと整理して見る事が出来ていたか正直不安です。DVD-BOXを買って、復/予習が必要だったかしら?
 ん~、ボク的にはテレビシリーズのときと同じく、ヤザンのハンブラビに甚振られている、エマの Mk-2を救うべくラーディッシュのクルーが独断で突出していくあのシーンはキタですね。ただ、ヘンケン艦長が「みんな、スマン」という一言は、やはり興醒めでした。
 何故でしょうw
 何故かしら?
 「妄想に囚われるな、生身が一番良いぞ」という特定の人種に向けたメッセージだったのかしらね、結局(おぃ

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 負けない浦和の事 »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/9383783

この記事へのトラックバック一覧です: 星の鼓動は愛の事:

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 負けない浦和の事 »