« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 帰ってきたよの事 »

ぷろれすな雑記

 なんか、このネタで検索がかかっているんです、触れたほうがいいのかなぁ
“大相撲から転身し活躍したテンタさん急死”
 琴天太という四股名の方がしっくりくる人もいるかもしれませんが、ボク的にはやっぱジョン・テンタでありアースクエイクなんだなぁ
 タイフーンと組んでWWFヘビー級タッグチャンピオンを獲得した頃がピークだったのかな。その後もうろ覚えだけど、サマースラムで相撲マッチをやったりしていたような覚えが無きにしも非ずです。
 ま、そんなわけで天龍源一郎とは仲が良かったというのは、割と知られた話だし、記事にもそのように書いてあるし。
 このタイプのレスラーでこの年齢だと、ちょっと厳しいところがあったかもしれないけど、一人の人間として四十二歳という年齢は決して老いてはいないと思う。むしろ逝くには早すぎる年齢……それにしても白血病とわね、ありがちな不摂生からくる生活習慣病とかじゃないところが、彼の真面目だった人柄を表しているのかもしれない。
 安らかに眠ってください。

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 帰ってきたよの事 »

ぷろれすな雑記 」カテゴリの記事

コメント

 琴天太、懐かしいなぁ。白人力士のハシリでしたねぇ。

 ……合掌。

投稿: 神北恵太 | 2006.06.10 12:00

 不遇の相撲人生だったと思います。
 多分、今でも彫り物のある人はダメなんでしょうけど。
 それでも、天龍を角界の大先輩と持ち上げられる人の良さというのは、本当に憎めないキャラでした。

投稿: ミツルん | 2006.06.15 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/10458401

この記事へのトラックバック一覧です: ぷろれすな雑記:

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 帰ってきたよの事 »