« 空いた口が塞がらないの事 | トップページ | 無為の休みの事 »

ふっちぼーるな雑記

 昨日は一般的にサッカーの聖地と呼ばれる国立競技場へ一ヶ月ぶりに行って参りました。ただし、先月のそれとは持っていったものが随分と違っていましたが。
 一つはボクにとって今季最初の鳥栖戦ということ。もう一つはサガン鳥栖にとって初めての国立競技場という舞台での試合だったということ。つまりは、鳥栖一本で応援をしてきた人たちにとっても初めての国立での応援という事になったのです。ある種、夢のようだよね、国立競技場のゴール裏で自分の好きなチームのために声を出して、飛び跳ねられるっていうのは。まあ、贅沢を言えば、来年の元旦もサガンブルーを着ていたいかなと思うけどね。あ、今年の元旦と一緒で赤いシャツでも可だよ……って、本当に節操無ぇなぁw
 あまりに久しぶりだったのと、今季も選手が大きく入れ替わってしまったのとで、ボクが知らない応援スタイルとかあると大変だなと思ったものの、想像していたほど大きく変わったところなどは無くて、なんとか場に溶け込む事が出来たかなと。
 鳥栖のスタメンは高地が復帰、しかし CBの人材不足は改善されず相変わらず村主が、その位置に収まっていました。
 対する東京Vは最終ラインの両サイドに先月獲得した背番号43(海本),44(石川)が入り、中盤トップ下には先日獲得したばかりの背番号10(マルクス)が入っておりました。もしタイムマシーンがあったなら、二年位前の自分に向けて、昨日の東京Vのメンバー表を渡して、「ラモスが監督しているチームだけど、どこかわかるか?」という質問をぶつけてみたいです。もっとも、鳥栖も同じ頃と比べると、大きく人が入れ替わっているけどさ、ただ比較的純粋な新戦力によるところが多いと思うんだけどねぇ
 試合は立ち上がりこそ東京Vに攻め込まれるシーンがあったものの、その後は決定機の少ない膠着状態に陥り、なんていうか疲れる展開に。ところが前半終了間際、大エース新居に対して萩村がファールを犯し一発赤紙頂戴となり、鳥栖にとっては不幸の数的有利となってしまう。一般的には大喜びの数的有利なのですが、如何せん鳥栖における数的有利試合の勝率の悪さといったら無いですよ、よくて引き分けですもん。そんな過去が脳裏を過ぎってしまい、素直に喜べなかったのは、ボクだけじゃないはず、きっと。
 後半の開始直後にマルクスがドーンと一発放った後は、ポゼッションは完全に鳥栖が上回るものの、ペナルティエリアに全然入れず、決定機らしい決定機もつくれず。挙句、大エース新居が下がり今気絶不調の孝明が投入される。てか、もう一人の FW山口が消えている時間が多かったような気がするのな、ボクは。新居の交代は足に違和感を感じたためということなので、大事を取っての交代だった模様。その後、鳥栖は宮原と廣瀬を、東京Vは森本を投入。だんだん、引き分けムードが高まり始めた頃、流れが非常に流動的になり、東京Vのカウンターがしばしば鳥栖ゴールを脅かしてみたり。カウンター返しっ!! というわけじゃないんだろうけど、インターセプトから受けた尹がハーフラインあたりからロングシュートを放つと、ばっちり枠を捉えた弾道が、前に出ていた GK高木の頭上を超えるかといったところでジャンプ一番辛うじて弾くことに成功。しかし、そこにきっちり詰めていた孝明が今季初ゴールを落ち着いて決めて、鳥栖の先制。大喜びの孝明は、線審の制止を振り切ってゴール裏へ。逆にゴール裏のボク等は階段を椅子を駆け下りて大喜び(うぉ~
 ところが、その喜びも束の間、二分後に森本の若いくせに老獪な演技の前に、主審がコロっとひっかかり東京Vに PKを進呈。それをマルクスが決めて同点、そして動転。
 残り五分はどっちかというと東京Vが優勢にボールを回していたような。ええ、相変わらず数的優位を活かせない悪い癖が治らないまま長いホイッスルを聞いてしまいました。
 この癖を完治させない事には、この先も良くて「勝ち点1ゲットだぜ!」で終わってしまいます。それでは、いつまでたっても普段より比較的楽に獲れたはずの勝ち点3をみすみす逃してしまうはおろか、上位進出という夢が夢のままで終わってしまう事になりかねません。わかっているとは思うんだけど、一朝一夕にはなんとかなる問題ではないという事なんだろうなぁ
 あと、早いところ CBの控えを何とかしてね。この試合だって、加藤が背後からジャンピングニーを食らって悶絶していたし。村主も削られて、転げまわっていたし。そして恐ろしい事にベンチには DF登録の選手がいないのだよ、有事の際はどう乗り切る気なんだと、イクヲさんに問うてみたいです、本当に。
 はて、久しぶりに声出して、飛び跳ねて、腕を振り上げたおかげで、それぞれがそれぞれなりの悲鳴をあげております。あ、喉は悲鳴もあげられないようですが(コーホー コーホー
 チャンスがあれば、水曜開催の三ツ沢に行きたいですね。


|

« 空いた口が塞がらないの事 | トップページ | 無為の休みの事 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

観戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/10858647

この記事へのトラックバック一覧です: ふっちぼーるな雑記:

« 空いた口が塞がらないの事 | トップページ | 無為の休みの事 »