« 夏バテ再びの事 | トップページ | なんの話だ? の事 »

熊殺しの事

 いや、殺しちゃいない。
“クマをパンチ1発で撃退 山菜採りの秋田の男性”
 彼は秋田のウィリー・ウィリアムスとして後世に永く語り継がれることになるのですね。
 いやあ、かの元祖“熊殺し”ウィリーは巨熊の胸に正拳をガッシガッシぶちこみ、またローキックをズドンズドンと撃ち込んで、やっとの事であの称号を手にしていた覚えがあります。ただ、どういう結幕を迎えたのかがいまいち思い出せないのが、悔しいというかもどかしいんですがw
 で、それだけ殴られても闘争心の衰えなかった元祖の殺され熊が偉いのか、それとも一撃で退散させた秋田のウィリーがすごいのかって話な。
 ど~でもいいけど。

|

« 夏バテ再びの事 | トップページ | なんの話だ? の事 »

ぷろれすな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/11164561

この記事へのトラックバック一覧です: 熊殺しの事 :

» 不幸な出会い、不幸な結末を避けよう [ただいまに生きる]
秋田県の山奥で熊に出会ってしまったこの男性、突進してきた熊に向かって咄嗟にパンチを放ったら熊の顔面へと命中。見事退散させることに成功したという。この男性には、大きな怪我は無かったということだ。まずは無事でなによりである。決して蛮勇からではなく無意識の行動..... [続きを読む]

受信: 2006.07.31 16:36

« 夏バテ再びの事 | トップページ | なんの話だ? の事 »