« 父来るの事 | トップページ | こわかったの事 »

嫌よ嫌よも好きのうちの事

“亀父観客席に突進!乱闘寸前”
 アンチなら観に行かなきゃいいのに、 と思うのは間違ってますか?
 ボクシングのことはよく知りませんが、ボクが見たことのある判定って、 わかり難いというかどっちに転んでもおかしくないような気がするものが多かったような覚えがあります。それは、昨今の K-1もそうだし、 総合格闘と称されるあれらもそうなんですけどね。
 いや、見るからに優勢に押していたけど、決め手がなかったっていうのもあるし、それくらいはわかるつもりだよ。
 で、亀さんちの場合は、みんな色眼鏡で試合を見るようになっているから、 重箱の隅をつつきたい衝動に駆られやすくなっているんだと思うのです。そんだけ、注目されているという事の裏返しでもあるのですが。 ところが、お父さんはその注目に耐え切れなくなってしまったんやろね、「批判でもなんでもドンと来い」くらいのことを言ってと思うんだけど… …批判の許容量を超えちゃった、つまり堪忍袋の緒が切れたってことなのかな。
 だからって、客席に突っ込んでもいいって事にはならんけど。
 格闘技という括りにしていいのか、ちょっとボク的に引っかかりはあるですが、やっぱ KOなり、一本なり、ギブアップなり、 両肩つけて3カウントをとるなりできっちり勝負をつけてほしいものです。
 ああでも、両リンはありねw

 

|

« 父来るの事 | トップページ | こわかったの事 »

ぷろれすな雑記 」カテゴリの記事

他のスポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/12073112

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌よ嫌よも好きのうちの事:

« 父来るの事 | トップページ | こわかったの事 »