« 母帰るの事 | トップページ | 十日遅れの事 »

拍手喝采の事

“家本主審を再研修、疑問判定続き異例措置”
 世の Jリーグファンの多くの方々は、この記事を読んでボクと同じように思っているんじゃないかと思います。
 なぜ、彼が国際主審なのか本気でわからなかったですからねぇ
 きっと、その昔は素晴らしいレフェリングをされて……いたか?
 ボクが彼の名前を知ったときには既に「ゲームが荒れる(た)」という話とセットで耳にしていたので、 どこに公平とか公正のピークがあったのか、よくわかりませんw
 やっぱね、「本日の主審は家元、副審は……」ってアナウンスが流れた時点で、そのゲームがつまらなくなるだろうって悪い予想(≒現実) が成り立ってしまうのは、どこかに大きな間違いがあるからだと思うんだわ。
 そんなわけで、明日以降の公式戦で主審副審問わずゲームを裁く人たちは、公平で皆(≒最大公約数) が納得できるレフェリングをしてもらいたいものです。
 明日は我が身だぜ。


 

|

« 母帰るの事 | トップページ | 十日遅れの事 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/11872480

この記事へのトラックバック一覧です: 拍手喝采の事:

« 母帰るの事 | トップページ | 十日遅れの事 »