« 一食二百六十円の事 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

毎日毎日ボク等はの事

 昨夜の京王線と武蔵野線の事故に加え、今朝は京浜東北線や埼京線、それに常磐線でも軒並み遅延が起きておりました。
 間の悪い事に、今日はボクが乗った中央線の登り電車が吉祥寺で、多分駆け込み乗車をしたと客のカバンがドアに挟まったとかで 10分程の遅れがでたまでは、まあ良しとして。その先の駅々で電車を待ちかねた人たちが、降車優先を無視して乗り込もうとするものだから、小さくない混乱と、大きすぎる身体への負担を乗客は強いられたのでした。しかも、今日は微妙な雨降りということは、不快指数が鰻とか鯉とかいうレベルでどんどん上昇してしまい、ボクの前の席に座ってマンガ週刊誌を読んでいたオヤジ(年のころならボクと同じくらい)が、前に立っているボクではない人(OL風の女性)の傘を蹴ったり、足を踏んだりと、迷惑この上ない所業をしておりました。ええ、それを見てしまったボクはそのオヤジの膝に、ボクの膝を合わせて揺れた振りをしながらごりごりとささやかな抵抗などを試みてみましたが、効果があったのかなかったのか……その後はガキのような行為は収まっていたようですが。
 とりあえず腰が痛いです。

“首都圏の鉄道3割で混雑率上昇、上野―御徒町216%”
 過去に彩の国の民であったボクは、記事のタイトルにある上野-御徒町を通勤経路として使っていた経験があります。
 それは酷いものでしたと書くべきなのか、それともどこも同じようなものですよと書くべきなのか、なんともいえません。
 ただ、あれが 216%だったのだとするならば、それが国交省がいうところの望ましい乗車率 180%になったところで、どの程度の差があるものなのか、よくわかりません。
 なんとなく、現実にそぐわないような気がします。
 まあ、いつもの事ですが。
 そもそも、乗客全員が座っているないし吊革や手摺につかまっていられない状態は法律違反だと聞いた覚え(うろ覚え)があるけど、180%はそれを遵守できている状態なのかしら?

 そういえば、先週末買い物帰りに開かずの踏み切りを待っていたら、銀色ボディにオレンジのラインが目新しい中央線の新型車量が試運転中という行き先で目の前を通り過ぎていきました。
 あれが投入されれば、戦況は一変するのでしょうかw
 なんにせよ、古の時代に狭軌を選択してしまったがゆえになどと現実逃避をしてみるのです (あぁ

|

« 一食二百六十円の事 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/12854534

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日毎日ボク等はの事:

« 一食二百六十円の事 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »