« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

‘06シーズン終戦の事

 今日は出勤日だったため、埼スタ参りはおろか、自宅でのテレビ観戦すらできず、事務所で人目を忍びながら J's GOALのリアルタイム速報を眺めながら、時々机の下でガッツポーズをだしたりしてました。
 浦和レッズの優勝です。
 待たされすぎて、本当にそんな瞬間が来るのか半信半疑でしたが、その時はちゃんと来ていたようです。ただ、前述の通りボクはその瞬間をまだ見ていないので、いまいち実感が湧かないというのも事実ですが (はぁ
 前半マグノに先制されたのを見て(速報)、本気でヤバイんじゃないかと不安で不安で、すぐにでも仕事をほっぽりだしてどこかテレビのあるところへ駆け出したい衝動に駆られてしまいました。でも、そう間をおかずにポンテが同点弾を叩き込んでくれた事により、焦りから開放されたような感じになり、前半終了間際にワシントンが逆転弾を決めリードして後半に、ボクはその間しばし仕事にモードを切り替えるも気は漫ろ。
 後半の早いところでワシントンが今日二点目を叩き込みほぼ優勝を確信。その後は遠く札幌で行われている鳥栖の試合とザッピング状態で監視w 
 達也に坪井に岡野を投入するなどギドの心憎い演出に、その映像を生で見られない事のもどかしさを改めて痛感する。涙無しに見られないっしょ、そんなのさ。
 終盤、山口に決められるも、時間が時間だけに優勝はおろかこのゲームすら落とす危険はないと思われ、安心して試合終了の文字が表示されるのを待っておりました。
 家に帰り、試合も特番も報道も一切をシャットアウトして翌日まとめて見ることにしました。

 で、翌日たる今日はお昼過ぎから試合を検証。
 いや、いいよもう後半に入った頃には涙で画面が滲んでんだもん。
 試合を観て、昨日のサパサカを見て、REDS NAVIを見て、webの関連記事を読んでしみじみと優勝というものを実感してまいりました。逆の意味で浦和辺りでサポーターが騒ぎすぎて捕まったなんてニュースを見ると、あぁ優勝したんだなぁと感慨深くなるのでした。

 イクヲさん最後の指揮となった札幌戦は、高地や大エース新居様といったイクヲさん見出してもらった選手たちの活躍で勝てたようです。
 これでクラブ史上最高位でシーズンを終わらせることができました。
 この試合前に来季以降契約をしない選手が発表されたりして、少し暗いものがありましたが、とりあえずコレまで感じられなかったものに一歩近付けたといのは大きかった年になるんじゃないかと思います。

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/12923359

この記事へのトラックバック一覧です: ‘06シーズン終戦の事:

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »