« ぬおっ!? の事 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

ふっちぼーるな雑記

“東京の原新監督が平山への期待を口に”
 前世紀末の事が脳裏を過ぎったという人が多数いるのではないかと思うのですが。
 ボクなどは過ぎるというか、まんま完全に思い出してしまいました。
 「利き足は頭です」という今となってはネタとしか思えないような台詞を引っさげ 1999年に駒澤大学から鳴り物入りで浦和に入団してきたのは、誰あろうモリツァコーヘーに他なりません。そして当事の浦和の監督はといえばヒロミハラであったことも言うまでもありません。
 先季('98)を 6位という順位で終えたものの、シンジが新人王を獲得するなど割と明るい雰囲気だった、浦和に新たなスター候補生が入ってきたとあって、シーズン前から随分と楽しい想像を膨らませたものです。しかし、いざ蓋を開けてみれば、ヒロミハラのモリツァに対する偏愛から、中盤を全く無視したモリツァ大作戦という、芸も何もないサッカーをし始めたのでした。当然結果はついてこず、ヒロミハラは退任、チームは J2降格の憂き目を見たのでした。
 いや、別にそれだけが原因で結果であったとは思っちゃいないけどね、そういう面も確かにあって、ボクはその面ばかりを覚えているというだけの話さね。
 で、ヒロミハラが二年ぶりに FC東京の監督に返り咲き、そして真っ先に平山再生をぶちあげたことに、なにかオーバーラップするものを見た気がしたのです。ボクだけじゃないはずです。
 目を覚ましてください、東京サポの皆さん
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
冗談です。 

|

« ぬおっ!? の事 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »

ふっちぼーるな雑記 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/12971075

この記事へのトラックバック一覧です: ふっちぼーるな雑記:

« ぬおっ!? の事 | トップページ | ふっちぼーるな雑記 »