« みちのく四人旅 | トップページ | サルがリールで馬鹿な日 »

みちのくの夜は明けて

 明日も明後日も同じホテルなんだよなぁ
 部屋は変わることになっているけど、基本的には同じような部屋が割り当てられるんじゃないかなと思うと、朝から憂鬱。とか言いながら、朝飯は普段の三倍かっ食らってみる。
 やはり同僚はみな一様に四~五つのベットのある部屋だった模様。唯一、一緒に仕事をしにきた親会社の人はツインだったとのこと。
 それなら許せるというか、よく聞く話だ。
 しかし、ホテルと名乗っているくせにきょうびネット環境が用意されていないとはどういう了見なのかしら。ぷんぷん!?

 部屋が変わりました、そして想像通り同じような合宿者向けの大部屋です。違いは、ホテル本館から一棟遠くなったのと、ベットが一つ減って四床しかないことです。
 しか、ってw
 あとは、あれだ本来の客層であるガキどもが上の部屋に大挙しているので、夜中だというのにバタバタとうるさい、ニホンジンはうるさい。
 ホテル本館を中心にして泊まっている部屋の180度反対側に、ホテルご自慢のクアハウスがあります。昨日は投宿した時間がすでにクアハウスの営業終了時間を越えていたので利用できなかったのですが、今日はばっちり使ってやりました。
 弱アルカリ性という泉質のせいか、入湯後は肌が少しヌルつく感じがしました。お湯もボク好みに熱く、気持ちよかったです。箱湯という、箱から首だけ出して使う簡易型のサウナみたいなのがあって、なかなか気持ちよかったです。強いて嫌なところを挙げるなら、晒し首状態なのがちと嬉しくなかったかな。
 もっとも、晒し首よりも何よりも、クアハウスから自分の部屋まで徒歩七~八分で、かつ軒下のような通路を氷雨降るなか、足元をピチャピチャ鳴らしながら帰るほうがよっぽど辛かったですよ。結局、部屋のシャワーを浴び直しです。
 明日の部屋は、クアハウスに近い部屋にならないかなぁ

|

« みちのく四人旅 | トップページ | サルがリールで馬鹿な日 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/14499760

この記事へのトラックバック一覧です: みちのくの夜は明けて:

« みちのく四人旅 | トップページ | サルがリールで馬鹿な日 »