« 休めてない休日 | トップページ | メガネ男子貞操の危機(違 »

ひっそりと前座登場

 こっちを本命として待っていた人は多くないと思うので、やっぱり。
“ウィルコム×東芝、初心に戻って6年ぶりの「Carrots」”
 willcomの音声端末に東芝が、それも carrotsとして帰ってきたというニュースが昨日流れておりました。
 古くからのユーザーにしてみれば、嬉しいニュースだったかもしれません。かく言うボクも、いまの京ポン2から二つ前に使っていたのは、Beat carrotsだったしw
 さて新機種の仕様などを見る限り、どうも洋ポンの後釜的な雰囲気がぷんぷんしているように思います。
 carrotsなのに折りたたみなのかという、時代錯誤もはなはだしい失望感も少なからずありますが、最低限必要な要素・機能は一通り詰め込まれていながら、京ポン2よりも気持ちコンパクトなサイズに納まっているのは好感が持てます。なにより、大容量バッテリー標準搭載というのが素晴らしいです。
 マイナス点はブラウザが NetFrontであることと、どうも BeatJamの対応が謳われていないっぽいのが、難点といえばそうかな。そういえばカラーリングも、ちょっとどうなのよって感じですね、あの黒い方。
 まあ、ボクがこの new carrotsに乗り換えることはまず無いと思います。
 そうそう東芝の復活ついでに、九州松下も戻ってきてくれないかしら。
 あとは、夏の新機種本命の SHARPがどれだけのものを出してくるかが楽しみです。あんだけもったいぶってくるのですから、さぞかし素晴らしいものが出てくるのでしょう。とか、無意味なプレッシャーを誰と無くかけてみるテスト(イミナシ

|

« 休めてない休日 | トップページ | メガネ男子貞操の危機(違 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/15276600

この記事へのトラックバック一覧です: ひっそりと前座登場:

« 休めてない休日 | トップページ | メガネ男子貞操の危機(違 »