« ズバリ!! | トップページ | 次へのステップだと思いたい »

こ、これって!?

 何っ!?
 遅ればせながら「魍魎の匣」を観て参りました。
 率直な感想が本日のタイトルと一行目に記されております。
 なるほど、前作もそうだったけど、原作のあのボリュームを二時間ちょっとの尺に収めるには、あ~ゆ~解釈でもっていかなあかんと、そ~ゆ~ことなんですな。
 前作の実相寺昭雄監督から、本作は原田眞人監督に代わり、どういう変化があるのかと思っていたら……いやナイロン100℃の公演を観に来たのかと錯覚をしてしまいそうになりましたw
 割とマジな感覚でね。
 どうなんだろう、「魍魎の匣」が京極堂シリーズで一番好きだから、映画版に対してあまり良い感情をもててないのかな。原作を知らずに、この映画を観れば、もう少し楽しめたのかしら。でも、楽しめたとすれば、それは配役の妙で楽しんだのだろうと、色々な意味で。
 いや、あれは酷いだろう、何とは書けないけど、彼の出番になると吹き出しそうになっていたですよ、たとえそれが猟奇的なシーンであっても。

|

« ズバリ!! | トップページ | 次へのステップだと思いたい »

観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/17684907

この記事へのトラックバック一覧です: こ、これって!?:

« ズバリ!! | トップページ | 次へのステップだと思いたい »