« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 我がヤクルトスワローズは »

頭からな

 落ちたのよ
 ミコが
 椅子から
 もう、
 ビックリしちゃってさぁ
 うおぅさおぅ

 で、これは斬新な書き方なのかしら?
 わ、ともかく昨日の事ですが、相方が出かけてミコと留守番をしてたですよ。とりあえず座椅子に座らせてマイメロを見させていて、落ち着いていたので「仕事してくるから、テレビを見ててね」と言って、台所に向かった矢先
 ズルッ! とも
 ゴロッ! とも
 聞こえる音がして振り向いた次の瞬間
 目に入ったのは、誰も座っていないOAチェアが右から左にすべるように流れていく動画と、ミコの左即頭部とフローリングの床が接触した静止画、それと一瞬遅れて
 ドゴンッ!!
 と、鈍い音が耳に入ってきたのでした。
 その後は、もう取るものも取らず泣き叫ぶミコを抱きかかえて、落ち着かせる事に徹し。抱きかかえながら冷凍庫から氷を取り出し、ビニールにつめ即席の氷嚢をつくり、それを床と超熱烈なキスをした部分にあてがい、キスマークが表に出ないようにしたりと、一人でてんやわんやでした。
 小一時間くらい泣き続けて、本当に泣き続けているだけで、一っ言も喋らず、「痛い?」と尋ねても、うんともすんとも言わないはで、なにか脳みそに異常でも出てしまったか、うわっ救急車を呼ぶべきか、それとも義父母のところへ連絡すべきか、ぐるぐるぐるぐるぐるしているうちに、ミコが落ち着いたので「大丈夫?」と聞くと、頷いたので耳は聞こえていると、ひとまず安心。次になんとか喋らせようとミコの好きな歌を歌ってみたり、他愛のない会話を一方的に投げつけてみたりしているうちに、目がしょぼしょぼして眠くなったようなので、いつも抱いて寝ているヌイグルミ2体の名前を出して「眠いの? どっちと一緒に寝る?」と聞いたら「パンダちゃん」と答えてくれたので、ふたまず安心。
 ただ、めはしょぼしょのしているくせに、寝たがらないので、次に出てきた不安は「これは、あれか? 寝たら死ぬぞ」みたいな、そういうアレか? とか。スノボの転倒事故でよくある、脳内出血とかそういうものかと、またしてもあたふたしているうちに、スゥ~っと静かな寝息をたてて寝てました。
 しばらく、氷嚢をあてがって添い寝をしてたですが、寝返りをして床とキスした部分を下にしてしまったので、添い寝をやめ自分の仕事に戻ったのでした。
 でもねぇ、ダメなんだ、十分に一回くらい様子を見ては「よかった、息してる」みたいになっちゃって。結局、一時間ちょっとの昼寝をして、機嫌よく目を覚まして、いっぱい喋って、お昼ご飯もペロリと平らげました。
 その後、先日撮影した写真を取りに行き、祖父母の家でそれを見ているときも、普段と変らない様子だったので、ボク基準では大丈夫と判断……全く自信がないけどねぇ
 そんなわけで、今朝は普段どおり保育園へ登園。日誌の方に昨日こんなことがありましたと記載しておいて、口頭でもその旨を先生に伝えておく。今、通っている保育園には看護師資格を持っている職員がいるので、なにかあればボクよりも良い行動を起してくれるだろうと期待(おぃ

|

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 我がヤクルトスワローズは »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/42631858

この記事へのトラックバック一覧です: 頭からな:

« ふっちぼーるな雑記 | トップページ | 我がヤクルトスワローズは »