« 忘れないように | トップページ | 「絶妙」よりも「絶品」 »

釣りだったのでしょうか?

 ボクが望むそれとは随分乖離した感のある幸福を実現したがっている政党が、衆院選に出ないとか、やっぱり出るとか言っていたのは、これいわゆる釣りというものだったのでしょうか?
 あぁ、出るという表現ではなかったですね。
 「戦う」
 という表現でしたね、正しくは。
 そのせいなのか、ものすごく強気です根拠がわかりませんが、ボクには。
 それともボクだけ!?
 「政権交代で市民が選ぶのが、民主か我々かということですよ」
 みたいな事を言うわけですね。
 そういえば衆議院って今定数何人だっけ、今?
 480人(うろ覚え)
 かの党は300人からの候補者を擁立するというお話なので、仮に全員当選ということになれば、過半数はおろか6割を超える議席を彼等の一派で埋められる事になります。
 しかも、その中には党総裁本人がいらっしゃるのですから……え、ト○ダチ?
 これはもう夢を見るしかありません、布団に入ってからですけど(はぃ

|

« 忘れないように | トップページ | 「絶妙」よりも「絶品」 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10970/45916227

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りだったのでしょうか?:

« 忘れないように | トップページ | 「絶妙」よりも「絶品」 »