白銀週間

 相方側の祖父母のお誘いで蓼科にある別荘(借り物)へ
 九月の半ばでありながら夕食はテラスでバーベキュー。
 寒いかと思いきや、コンロの熱がいい感じで、食も進む進むで食べすぎ。
 源泉掛け流しのお風呂に浸かり、一日の疲れを癒し普段なら考えられないような時間に就寝。
 二日目はミコたっての希望で白樺リゾート(≒遊園地)へ
 いやぁ、CMで感じられるほどの壮大さ豪華さは無いもんです。
 昼飯のために公園を離れて戻ってきて、さらに県下最大という露天風呂に入ってなおまだ時間があるのだからw
 夕食はイタリアンをご馳走に。
 この日も結局前日同様、普段では考えられないような時間に就寝。
 三日目(=最終日)は、お昼前に別荘を後にして、中央道に乗り山梨で降りてぶどう狩りをし、フルーツ公園で遊び、ほったらかしの湯に浸かり帰宅。
 途中、Uターンラッシュにどっぷりつかまり、帰宅が四日目にかかってしまったのは秘密です。
 何はともあれ、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの思い出

 一年ぶりに家族で崩壊道へ行ってきました。
 出鼻に大きなトラブルに見舞われ、とっても大きなマイナスから始まった旅行でした。
 が、全体的には良い旅行だったかなとボクは思うのでした。
 初日、昼過ぎに千歳に到着しレンタカーを借りて札幌へ。
 つい最近まで知らなかったことだが、父親がかれこれ二ヶ月ほど入院をしていると言うことだったので、そのお見舞いに……家族仲が悪いみたいだ。
 悪くないです、疎遠ではあるけど(あは
 幸い、快方に向かっているそうで、白銀週間を過ぎた頃には退院できるだろうとのことでした。
 病室で母親と合流し、その後妹夫婦ととも合流し、ミコの「肉が食べたい」の一言でサッポロビール園へ行きジンギスカン食べ放題。
 二日目は、午前中に父親の見舞いに行き、母親と合流し旭ヶ丘にあるスープカレー屋へ。ただ、とても並んでいたので名前だけ書いて、しばし旭ヶ丘公園までドライブへ。カレーは子供でも大丈夫という書き込みがどこかのブログにあったのですが、うちのミコには一番辛くないレベルでも、「熱い熱い」を連発してしまい、殆ど食べられずじまいでした。大人は汗を掻き掻き美味しくいただきました。
 食後、滝野すずらん公園へ。
 カレー家で待たされた時間がそのままツケとして回ってきた感じ。
 もっと時間があれば、もっと楽しめたのにぃ
 つ~わけで、来年以降にリベンジを。
 夜は実家で食事をしてサヨナラ。
 三日目は、朝からひたすら国道230号線を南下。
 向かった先は真狩村にあるまっかりーなというレストラン。洞爺湖サミットの際に有名になったレストランで、野菜が美味しいのだと相方が惚れ込んで予約していたお店。
 むぅ、たしかに美味しかった。
 ただし、値段相応ではあると思うが。
 まっかりーなに向かう途中で通り過ぎたルスツ高原まで戻りチェックイン。即、ルスツリゾートで遊ぶ。しかし、ここも前日と同じで、もっと時間があれば、さらに楽しかったのにぃと後悔。
 崩壊道に住んで18年ほど、そういえばルスツって行った事なかったなと、ふと思ってみたり。スキーするならニセコの方がねぇ
 四日目(=最終日)は、ルスツリゾートを後にして、そのまま千歳方面へ。昼食どころとしてルタオのカフェでコロッケバーガーセットを食す……美味い、美味すぎる(違う
 美味しかったです。お土産に買っていったチーズケーキも、やっぱり美味しかった(はぅ
 ダメージは小さくなかったけど、思い出としては良いものが残っているのではないかと、ミコには。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきました、昨日

 寝てました、今日
 里帰りから帰ってきました。
 何気にややこしいw
 ミコの手足口病も出発の朝にはほぼ平熱まで下がり、結果的には大きな問題とならず、無事旅行をしてまいりました。
 まあ、ミコの手足口病はほんの序章に過ぎなかったみたいな旅行でしたが。
 札幌入りしたのがもうすぐ夕方みたいな時間で、その日は基本的にボクの実家で一日を過ごして、ミコにとってのおじいちゃんおばあちゃんとの久しぶりの再開と、おばちゃん(妹)との初対面を済ませる予定が、全てが初対面と変わらない状況。さらに、旅行一週間前まで知らされていなかった、妹の入籍、そして義弟の登場と、初日からイレギュラー満載でございました。
 話は戻るけど、ミコにとって初めての飛行機は当然ぐずりまくりでした。
 翌日は、ボクも十余年会った記憶の無いボクの父方の祖母、ミコにとっては曾祖母のお見舞いを昼前に。お昼にはこちらもまたボク的には十余年会った記憶の無い伯父のお見舞いと、病院ツアー。
 途中、ミコのオムツを携帯し忘れたということで、一旦実家に戻り、そこでお昼ご飯をまったりと……一本の電話が入り、電話に出た父親の雰囲気から、一瞬にして雰囲気が重くなる。昼にお見舞いに行った伯父が亡くなったと知るのは、もう少し先のことだったけど、ある意味予感はあった。
 というのもボクの場合、過去に例があるだでね。それこそ十余年前の冬に帰省した際に、母方の祖母が亡くなったと言う過去を持っていたので。長くないといわれている人を見るのが、少なからず怖かったりもしていたのです。
 そんなこともあって、夕方には亡くなった伯父の家へ出向き、枕経を聞いて手を合わせてまいりました。一応旅行者ということで、翌日からの通夜や告別式の参加はいいよと言われたのでした。なにか、予定があったわけじゃないけど、こうやって埋まるのもどうかと思うのだなぁ
 伯父の通夜は葬儀屋の手配により翌日ではなく、翌々日となり三日目は当初の予定通りボクと相方とミコと、それにおばあちゃんの四人でいまや日本一の入場者数を誇る旭山動物園へ行ってまいりました。もしかしたら、唯一何事も無く予定通り過ごせた一日かもしれない。ただ、予定通りがゆえに、慣れない運転を一日中していたボクの疲労はピークに達していたりするわけですが (はぅ
 旭山動物園は観光バスの台数と「わ」ナンバーの車ばかりのところから察するに、道外の観光客ばかりだったと推測されます。つ~か、ボクらもまさにそれに当てはまっちゃうんですが。
 ミコに動物園はまだ早かったらしく、喜んでいたのは主にアダルトなボク等のほうでした。面白かったです、あれでもう少しお客さんが少なくて、一館一館をゆっくりと見られるようだと、もっと楽しめたと思うんですがね。でもあれか、ミコがぐずるかw
 よくテレビで放送されるような白熊のダイブは見られませんでしたけど、空飛ぶペンギンもチューブを抜けるアザラシも、ロープをわたるオラウータンも見られたので、これで満足しておかないと罰が当たるかもです。
 札幌に帰ってきて、おばちゃんと合流して相方のリクエスト「北海道らしいもの」を食べに、サッポロビール園へ。そういえば、初めて相方と札幌に行ったときもサッポロビール園でボクの家族と引き合わせたような覚えが……それも、三年も前の話になるのか。そりゃミコも一歳になるわな。
 この辺りで、やっとミコがおばあちゃんに対して慣れたように見えました。惜しむらくは、この食事を最後に今回の旅行中にミコとおばあちゃんが会うことは無いのだよ。
 四日目は、遅めの朝食を摂り、一路千歳へ途中アウトレットモールで買い物兼昼食を済ませて、飛行機に乗って昨日東京へ帰ってまいりました。
 札幌に着いたときは、それほど涼しくないなと感じたけど、東京に帰ってきたら暑いのな掛け値なしに。挙句、最寄り駅に着いたらスコール級の土砂降りに歓迎されるし。
 ほんで今日は一日、旅行中の洗濯物を片したり、その他もろもろと、お昼寝をして終わってしまいました。
 さぁ、明日も休みだ、寝よう (おぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御旗楯無とはこれいかに

 仕事があったようななかったような雰囲気のまま解散になり完全フリーな時間がほぼ丸一日分できてしまったので、JR東日本管轄だけど suicaの使えない駅から電車に乗って下諏訪へ。
 諏訪大社に行き御柱を撫でた後、お賽銭を握って本殿へ……あ、神前式してる。
 K3100019 K3100020 式終了後に参拝し諏訪大社の周りを散策、生まれてこのかた一日でこんなにたくさんの神様に頭を下げたのは初めてってくらいに、たくさんの社にめぐり合い、そして参拝してきました。もちろん、神様に頭も手も上げたことはございませんですのことよ。
 まだ昼飯の時間には早かったので中央線の線路をくぐって、諏訪湖のほとりへ移動。諏訪湖は湖でした。いや、他に書きようがないんだもん。強いて言えばバス釣りの人が結構いたなぁくらいの感想。
 諏訪湖に見るものはなかったので、行きし目をつけておいた「湖畔の湯」と看板の出ていた温泉施設により、散策でかいた汗を流して、いざとんかつへw
 出張の初日に聞いていたとんかつや「丸一」へ行ってきました。
 なるほど、これはボリューム満点だと思えるくらいの肉厚でした。肉厚が 2~3センチもあるとんかつってねぇ。それも、特別メニューじゃなくて、店で一番スタンダードなとんかつ定食でそれなんだから、ちょっと感激です。
 しかもボリュームだけのものではなくて、味も当然のように良いのです。そりゃ、あれだけの肉厚があれば、肉汁もじゅわぁ~だもん、旨いわけだよ。さらに、ご飯と豚汁のお代わりも出来て、歩き回って、汗かいて、汗流して、カラカラの体に超絶エネルギー充填完了です。さらに、ここ最近めっきり揚げ物に弱くなったボクの胃袋や胸が食後どんなに時間がたっても焼けないという優れものです。これにはちょっとどころか、とっても感激です。
 ここまではかなり充実していたんだけど、残念なことにみやげ物屋が全然見当たらない。町にあるのは武田菱と風林火山と描かれた幟がいたるところではためいているだけでした。
 困りましたねぇ

 そういえば、ゴミ問題が争点だった我が町の市長選はどうなったのかな?
 応援演説で「ゴミ問題は解決してます」と声高に叫んでいるのには大きな驚きを覚えましたが、そうであるならば再選なんだろうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思えば遠くに来たもんか

 午前中に事務所を出て、昼過ぎに着いたのは信州の山の中。
 駅舎を出て、ふと左上を見上げると、高速道路と思しき超高架橋が山と山との間に架けられているのが見えます。
 駅前には駅ビルっぽい大型スーパーのような建物があるのですが、中身はスカスカです。二階に上がるためのエスカレーターの前には、一階の店舗の商品が並べられて上がる事が出来なくなっているほどにスカスカです。
 そんなところに来てしまいました。
 地味に、鰻が名物なんだそうですが、先に現地入りしていたSEさん曰く「この町で唯一食べられるのはトンカツですね」とのこと……鰻の?
 それはともかく、今回も予定していた台数が揃わず、出張の後半は暇を持余しそうです(ふわぁ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みちのく 後半戦終了

 ただいま、帝都某所の事務所に帰ってまいりました。
 先週に比べ、若干客入りの時間が早くなったものの、取り立てて大きな問題もなく、小さな問題すらなく、いわゆる滞りなく本日分の作業を無事完了してまいりました。
 今回、気が付くと「しんどい」が口癖になっていました。実際のところ、そんなに「しんどい」事はないんですが、気持ちに余裕がないのか「しんどい」を連発しているようです。
 他人事なの?
 なの。
 なわけで明日は振休ゲットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のコースをなぞってみる

 やはり今日分の作業はお昼前に片付いてしまった。
 片付いたのはあくまで今日分であって、明日の分は明日の分としててぐすねをひいて待っている。前倒しは出来ない。
 午前中、今回の出張の同行者である弟子三号ともう一人が、出張中の暇つぶしに持ってきたルービックキューブのはなしをしていたかと思うと、いつの間にか平面図に四次元を表現する方法だとか、ワープ理論について熱く語り合っているのを見る。まあ、作業的にはひと段落していたので、お客さんのいないところでなら多少羽目をはずした会話をしていても良いんだけど……四次元? ワープ理論? そっち系だったっけか、自分ら?
 認識を改めることにするよ。
 昼前に客先を出て、昼飯を食いに向かった先は先週と同じく白河ラーメンといえば「とら食堂」ということになる。K3100010
 前回は品のない全部入り大盛りみたいなものを頼んでしまったので、今回は控えめにつけ麺大盛りにしてみる。正直、ボクはつけ麺のほうが好きです。比較的暑い時間帯に店に入ったこともあって、冷水でしめた細平麺と、ちょっと酸味の利いたスープが、すすすすす~っと喉を通過していく様は、とても気持ちが良かったです。惜しむらくは、大盛りなのにあの麺の量はちょっと少ないんでないかいってこと。あとは、あれだスープ割が出来なかったことが、ちょっと心残りかな。もう来ることもないだろうしね。
 前回はこのままホテルに帰ったんだけど、今回はその足で白川の町まで繰り出して、ショッピングモールみたいなところでしばし遊ぶことに。とわいえ、本屋かゲーセンかスポーツショップか家電量販店かそんなくらいしかありませんでしたが。それでも先週のように、飯食って温泉入って昼寝して晩飯へなんて不毛な時間の使い方と比べれば、雲泥の差でしょう。
 晩飯は、これまた先週をなぞるように回転寿司と決まったようなので、今回こそソースかつ握りを……やめとけ。

 ネット環境がないというのは不便なこと極まりないなぁ
 そうそう、今週はホテルの部屋が合宿棟じゃなくなりホテル棟になったんですが、当然のようにネット環境はありませんでした (はぅ
 来週は出張ないけど、再来週は信州入りなのでそこのホテルにはネット環境が整っているところがありますように。

 ボクは期日前投票で済ませてしまった都知事選は下馬評どおり現職に当確が出たようですね。
 ここ、みちのくでも選挙速報が放送されています……って、当たり前やん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしてもまたしても

 予定の台数が揃わないまま仕事が推移していきます。
 どこもかしこも現場にくると予定の二割減が相場になっている気がしてましたが、今回は五割に近い減が起きてます。まあ、楽な仕事になるのは悪くないんだけど、数が減れば減った分だけ、稼ぎも減るので正直なところ嬉しくはないのです。ど~せ、五十が百になったところで、トータルの作業量は大して変わらないので、こちらの処理能力が飽和しない程度の台数やらして欲しかったなぁ
 さて、今晩は一週間ぶりに温泉に入れます。弱アルカリ性の美肌の湯で、すっきりさっぱりいたしませう。

 J1第五節、波乱とはわないまでも上位にブレーキがかかった模様。
 ふぁんさかも少し荒れるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みちのく後半戦開幕

 というわけで、先週に引き続き福島は棚倉ことみちのくへやってまいりました。
 今回のホテルも前回と同じところです。
 しかし、先週帰り際に「来週もお願いします」と予約をいれておいたので、今回は部屋の移動はなしになりました。しかも、現地に着いて知ったのですが、今回の部屋はクアハウスから遠く離れたコテージ棟ではなく、あの憧れだったホテル棟なのでした。そう、もう風呂上りの帰り道で雨にぬれて、部屋でシャワーを浴び直す、そんな必要はなくなったのです。
 今回も日付変更線をめぐるギリギリの仕事を終えて、期待と期待を胸に抱えて今宵のお部屋に。
 結果は写真を見てもらえばお解かりのとおりです。K3100008
 ええ、期待通りベットの数は減りました。
 でもね、やっぱり一人で泊まる部屋にベットは三つもいらないと思うわけですよ。
 結局、真ん中のベットに寝て、窓際のベットは荷物置き場にして、残ったベットはまったくの手付かずです。今晩はそこで寝てみようかしら……部屋を替わらずとも、毎晩違うベットで眠れるんじゃんw
 なわけで、明日も仕事なので寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対みちのく戦 前半終了

 すでにぐだぐだのへろへろです。
 来週というか、今週末後半戦があるのかと思うと、かなり気分は群青です。
 やはり、一人で泊まるのに五人部屋ないし四人部屋は広すぎます。広すぎるがゆえに、一たび空気が乾燥しようものなら、取り返しのつかないことになってしまいます。
 また逝かなきゃならないのくぁ

 東北道をえっちらおっちらと、ラジオからの春のセンバツ甲子園をBGMにして帰ってきて、首都高に入ったあたりでREDSバスとすれ違いました。その時のボクの首の回転速度ときたら、過去に例を見ないくらいのものだったと自負します。危うく、筋違えになるところでした、えぇ
 前日の大分から帰ってきて、大原(練習場)へ向かう途中だったのかなと想像されます。相変わらずアウェイの大分は勝てないね。あとアウェイの名古屋と磐田と新潟はなんとなしに鬼門です。

 三日ぶりに狭いながらも楽しい我が家に帰ってきて、三日ぶりにミコと対面です。すると目をまん丸にしてしばし硬直、忘れられたか、たった三日で……しょぼ~ん。
 まあ、保育園デビューだったりして、ミコなりに忙しい一日だったのだろうということで自分を納得させてみる。
 しくしく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧