今季初めてではないだろうか

 同じ日に浦和と鳥栖と武蔵野が勝利したのって……これに東京の燕が加われば「何にも言えねぇ」になるんだけど。
 ん、別に何も言うことはないけどね。
 ミコも医者の外出許可を貰ってたんで、武蔵野陸上に行ってもよかったんだけど、さすがに病み上がりの子供を連れて行くのはどうかなと、至極真っ当なことに思い至り今週もほぼお篭り(ぼぉ
 なんで、高崎だったからか、相手が高崎だったからか?
 武蔵野3-1高崎
 って、快勝も快勝、大勝じゃん。
 今季こんな気持ちのよさそうな勝ち試合なかったから、もうフラストレーション溜まりまくりだったのにぃ
 月末の JFL最終節は行きたいな。

 と、甲府が昇格決定で、京都と湘南が降格決定と。
 こう言ってはなんだけど、目新しさのない昇降格だなあと思います。残り一枠ずつですが、昇格するとして福岡、千葉か東京Vもしかしたら横浜FC。降格するとして神戸、東京、大宮かな。
 東京だとすごい感じだなぁ
 本来は大宮でもすごいことなんだけど、例年必ずこの争いに参加しているので、不思議と落ちても珍しくない感じがしてしまいます(おぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじらしいというか剛毅というかの事

“落札球団はRソックス 日本人最高額60億円で”
 どんだけヤンキースに獲られたくなかったんだって感じの金額ですねぇ
 5000万ドルの後ろにくっついている 111万ドルという半端な数字が、なんとしてでも獲るぞ、絶対獲られるな、 だからあと少しもう少し上積みを的な気持ちを如実に表しているように見えます。
 松坂は本当に良い投手だと思います、 ただこの六十億円という金額をペイできるという計算が本当にレッドソックスには成り立ったんですかねぇ
 金返せったって、もう遅いからねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

“イタリア反発 釣り合い取れていない処罰と”
 ジズーへの処罰である三試合の出場停止ってのは、本当に形式だけのものですね。だって、現役を引退してしまった元選手なのだから。
 それとマテラッティの二試合出場停止は意味合いが違う。
 だから、単純にどっちが良いとか悪いとか比べることは出来ない。
 あの時マテラッティが何を言ったのか、ジズーが何を言われ頭突きに及んだのかを、事情聴取した FIFAは公表しなかった。しなかったということは、してはいけない内容であったのかもしれない。それを踏まえた上での、今回の処分であるならば、受け入れることがみんなの傷が深くならない方法なのだろう。それが最良なのかどうかはわからないけれど……
 特にドイツ大会は人種差別を無くそうと叫んだ大会なのだから、こんな事で大会の余韻を壊してはいけない、そう思う。
 あとは、この処分を当人達がどう受け止めるのか、それだけの話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 相性ってあるよなぁ
 つ~か、今大会は本当に相性通りの結果で終わってしまったゲームがかなりあったように思います。イグランド-ポルトガルしかり、ドイツ-イタリアしかり、ドイツのPKしかり。違ったかなと思うのは、南米勢がアフリカ勢にそれほど苦手意識がなくなっていたところくらいかな。
 なんにせよ、ボクが応援していた国々がこれで全て消えてしまいました (はぅ
 あと、昨夜の試合はビデオ録画に失敗してしまい、何があったのか検証できないという最大の痛手が……頭痛よりも痛いかもw

“ジーコ、フェネルバフチェの監督就任で合意”
 ん、ボクの記憶に間違いなければフェネルバフチェって、その昔、名監督の誉れ高いフース“勝利至上主義”ヒディング氏が監督を務めたこともあるクラブじゃないでしょうか。
 そうですか、ヨーロッパで勉強したいの足掛かりは、トルコからですか。
 時代的には被るんだよな、この二人
“マラドーナ氏がアルゼンチン代表監督に立候補”
 あんた監督経験ないやろ、やめときw
 そんだけ。
 ただ、この人のアルゼンチン国内での人気だけはどうしようもないくらいにあるから、まかり間違うことはあるかも。それはつまり、アルゼンチンのサッカーの進歩が、いくらか足踏みすることになることと同義だとボクは思ってしまいます。まあ、もしかすると類稀なる監督としての才能を隠し持っている可能性もないわけではないので、「ボクの想像なんてあてにならないよ」とだけは逃げ道用に書き足しておきます (おぃ
 でもなぁ、自分を制し律する事の出来ない人間だというのは、これまでの彼のキャリアを見れば一目瞭然なので、ボクと同じように思う人も多々いると思われ。

“東京MF今野がセリエAカターニャ移籍”
 やっとですね。
 噂では、来季のセリエAは件の八百長疑惑でビッククラブの殆どが降格するかもって話なので、ちょっとイメージよりもレベルが低いかもしれませんが、カテナチオの国のサッカーを体感できるのは、今ちゃんの将来にとって非常に有意義な事と思います。
 この人も無尽蔵のスタミナで持って中盤を所狭しと走り回って、チャンスと見るやゴールも狙っちゃう決定力のあるタイプなので、おそらくオシム好みなんじゃないかと。そういった選手が、よりレベルの高いところへ行き、更に幅を広げて帰ってくるようになれば、願ったり叶ったりと言うものです。
 怪我さえなければね (ふぅ
 正直今回だって、選ばれてて何ら不思議じゃなかったんだけどね。
 もしそうなると、東京のボランチは伊野波になるのかな……ちょっと引出しが少ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 そっか、ピムかぁ
 お隣さんはオランダ人が好きなんだなぁ
 四年前までお付き合いをしていたオランダ人とお別れした後、色々とあったものの結局またオランダ人と短いお付き合いをして、また新しいオランダ人と交際を始めるらしい。
 さて、てっきりうちはブラジル人が大好きなんだと思っていたら、四年前まではインテリ系のフランス人と付き合ってみたり。その後(間)も、一度ならず袖にされたフランス人にアタックし続けてみたり。かと思えば、キャプテンの「信頼している」の一言で、旧知のブラジル人と四年間付き合ってはみたものの、思うような結果に結びつかず。で、今度は旧ユーゴスラビア人との真剣交際を目指しているらしい。しかも、若い燕にまで手を出そうとしているとかなんとか。
 なんかさ、今のニポンの状況ってさ、古の浦和を見ているかのような監督人事を繰り返しているよぉ~な気がします。
森→横山→オジェック(独)→ケッペル(独)→原→ア・デモス(蘭)→斉藤→チッタ(伯)→ピッタ(伯)→オフト(蘭)→ギド(独)
 抜けてないよな。うろ覚えの記憶のみで書き出したので、抜けてたり順番が間違っていたらゴメンナサイ。
 どの辺とオーバーラップしてしまうかと言えば、デモスで失敗して斉藤さんで繋いで、復帰した横山さんが J1に戻したところで、なぜかそれまでの浦和のカラーになかったブラジル人監督ピッタを登用したあたり。結局ピッタはシーズン途中で去り、チッタが後を継いだものの芳しい結果を残せず、翌年には再び欧州の臭いがぷんぷん漂うオフト&ヤンセンという二頭体制を敷き、現在のギド&エンゲルスに至っているわけです。
 オシムはオフトになるのか、それともピッタになるのか……多分前者になるとは思うんだけど、まんまオフトになるのはやめてねw
 まだ本決まりじゃないんで、今から浮かれても仕方ないんだけど、とりあえずこの先四年間のロードマップをさっとイメージするに、問題課題が文字通り山積みです。一つ一つ片付けるのか、一石二鳥三鳥的な驚きの手法があるのか知りませんが、それらの山を越えて今回以上の夢を見させてくれると、この国に住む者としては嬉しいです。
 一応断っておくと、普段悲観的なのは結局そういうレベルでしかないと、ボクなりの判断をしてしまうからであって、別に強くなって欲しくないとか、勝っちゃ嫌というつもりは無いんですよ、為念。

 そうそう、あのノリヲ様が今回のドイツ大会について感想を書かれております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 キャプテンの一言が、ここまで妄想(?)を広げているって感じですw
“ストイコビッチ氏入閣も”
 可能性は否定できないけど、それは飛躍しすぎなんじゃないかなとボクは思います。
 つまり、この先、こういったゴシップ紛いの記事でもって、ジーコジャパンと呼ばれた代表チームに対する反省点などを、この国のサッカー協会は有耶無耶にしていくつもりなのかしらと勘繰ってしまいます。
 まあ、ジーコジャパンの何が良かった悪かったかなんてのを、ドイツ大会の三試合だけで判断するのは、あまりにも乱暴な話だし、書き出せば間違いなく悪かったという項目の方が圧倒的に多くなりそうなんでやりません。なんか、愚痴っぽいじゃん。
 ただ、二つだけボクなりに思うことを書き出しておくと、一つは
「ルールのない自由に慣れてないんだよニポン人はw」
 てことかしら。
 大体、決められた枠の中でも、その自由を活かしきれていない人が大多数を占めているこの国で、個々のイマジネーションを頼りに自由に展開して構わない的なサッカーは、あまりに高度であったと思うわけですよ。
 んで、もう一つは、経験ってのは才能じゃないのだと。
 四年間新人監督が付きっきりのチームと、一年弱の間クラブチームとの兼任だった経験豊富な監督とがぶつかったときに何が起きたのかということは、皆さんご存知の通り。勿論、先にも書いたけど、その一試合だけで評価を下しているわけじゃないですよ。ただ、あまりにも端的に結果が出てしまった例として、あれほどわかりやすい試合はなかったと、そう思うわけです。
 後任の監督には、そういう事がわかっている人になって欲しいなとは思います。が、悲しいかなボクはこの国の代表チームを応援した(その勝利を喜んだ)事が、過去に一度しかないんで、何を言ってもなんら熱の無い言葉にしかなりません。
 オシムは適任でしょう、少なくとも前任者と比べれば。ただ、監督としての能力以外の部分で彼の場合キビシイところがあるので、ちゃんとそれをわかっているんだろうなぁ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 号外が出ていたそうですね。
 それは後にするとして。
 昨夜はチェコ-イタリア戦を観戦し、最後には涙しておりました。
 一次リーグ最終戦における、数少ない欧州強豪国同士のガチンコ勝負でした。ガチンコにならなかったイングランド-スウェーデンや、オランダ-アルゼンチンとは、明らかに違うここが正念場という良いゲームが観られたと思います。ただ、前半終了間際に一人退場してしまい、前日のメキシコ戦を見ているかのような展開に……ただなぁ、メキシコと違って、チェコの選手はご高齢の方が多くて、最後まで走り回ってボールをキープして、フィニッシュまで持っていくという戦い方は出来なかったなぁ。あと、対戦相手がイタリアってのもキツかった。連中の場合、DNAレベルで守備意識が刷り込まれているから、寡兵でもってあの守備陣を崩すのは、ちょっと難しかったようでした。さすがのネドベドも、後半途中から足は止まってないものの、姿を確認出来なくなる時間帯が増えてきていたし。
 なにが悔しいって、これでネドベドの勇姿を見るのが最後なるのかと思うとねぇ、涙が出ないほうがおかしいってもんですよ。
 てなわけでチェコは一次リーグ敗退。代わりに決勝トーナメントに駒を進めたのは、今大会は苦戦を強いられていたアフリカ勢のガーナ。そっか、番狂わせとはいわないけど、チェコに土をつけたガーナが上がりましたか、頑張ってください。ええ、なにせ最初の相手はブラジルでありますから、一泡ふかしてやってくださいw

 さて、ニポン-ブラジル戦ですが、ボクはゲームを見ておらず、結果とそのリポートと、朝のニュースで流された得点シーンのダイジェストしか知りません。
 で、思ったより戦力を落としてこなかったなというのが最初の感想。あれの面子を見て舐められたと思っている人がいたら、それは勉強不足というものでしょう。あれは、四年後のレギュラーが前倒しで出てきたって事なわけだからして。対するニポンの先発はおよそ予想されていたとおりだったのではないでしょうか。強いていえば、クロアチア戦で途中出場でありながら、全く足の動いていなかった玉田が先発メンバーに名前を連ねていた事がサプライズだったか、という程度。ただ、その玉田が先制弾を叩き込んだことで、ジーコの眼力の正しさは証明されたような感じ。
 ただし、それも前半終了間際に同点にされたことで、全てがリセットされた模様。あとは、ブラジルのやりたいようにやられていたという話を、見てた人に聞かされる。ついでに「よく 4点で済んだもんだと」……そこまで酷かったの? 今朝セルジオ越後が怒ってましたね「なんで後半は最初から攻めに行かなかったのか」と。なるほど、そういうことなら何点取られていたかわかったもんじゃないという話は納得できます。
 あと、よくわかんないのは小笠原を下げて中田浩二を投入していた事がね。どういう状況で行われた判断だったのかしら? 途中交代で投入された高原が負傷退場という、ツキのなさも、これまでのツケを払っていると思えば、妙に納得できてしまうボクなのでした。
 別に、高原に思うところがあるわけじゃないけどね、何一つ。
 四年後の否みアフリカ大会はオーストラリアが AFCに入った個もあり、これまでよりも更に狭き門となるであろうことは明々白々です。さらに、今のところアジア勢(ニポン、イラン、サウジアラビア)は一次リーグで全滅です、これで韓国までこけるような事になると、現在の 4.5枠が 2.5~3枠くらいまで減らされるのは必至です。
 でも、ウ○トラな人たちとか、マスコミ族の人たちは、次も出て当然と考えていらっしゃるんでしょうね。
 そしてボクは、出ようが出まいが関係なく国内リーグを楽しみ、四年に一回のお祭りもそれはそれとして楽しむのでしょう。

 ほれ、そこの君もボクと一緒に赤や青のユニを着て声出して飛び跳ねようぜっ!!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 日本時間で昨夜のドイツ-エクアドル戦を見ました。
 どちらも既に決勝トーナメント進出を決めたチーム同士なので、あとは予選を何位で通過したか、それを決めるだけの試合。
 まあ、開催国であるドイツとしてみれば、一位通過は義務みたいなもんだろうし、それが叶わなくともあまり無様なゲームは出来ないという程度の緊張感はあったのでしょう。
 いざ、ゲームが始まってみると、その緊張感が程よかったのか、過去の二試合(コスタリカ、ポーランド)に比べると、随分と内容の良いゲームをしていたように見えました。効果的な得点だし、開始四分の先制、前半終了間際に中押し、そして後半の早い時間帯に駄目押しと。それも全て FWが決めているわ、エースが仕事をしているわ、DFは体を張ってバイタルエリアにボールを入れさせないわと、良い事尽くめで、ある意味理想的な展開だったんじゃないかなぁ。
 もし納得がいっていない選手がいたとすれば、見せ場の少なかったアサモアっちかな。彼の場合、普段から不満そうな顔をしているので、表情から感情を読み辛いんだけど。シュナイダーと交代して、そのまま右サイドにいたけど、クラブでもあ~ゆ~使われ方をしているのかな? ボクのイメージにあるアサモアって、トップに張ってあの体格には似合わない(失礼)快速を飛ばしてゴールをゲットする選手だったんだけど……韓日大会の時だって、それを求められていたじゃん(違った?
 イングランド-スウェーデン戦はビデオったです。
 なんとなく予定調和(≒出来レース)だったんじゃないかと疑いたくなるような結果なんですけどw
 まあ、そうでなくても結果的にはこの二チームが決勝トーナメントに進んだわけなんで、意味がないっちゃないんですけど。
 それ以前に下衆の勘繰りはやめとけと、はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 昨夜のニポン-クロアチア戦を見ました。
 見た。
 で?
 勝てる試合だったとコメントを残している選手も多々おられましたが、じゃあ勝っとけよと思う(暴言)
 昨日はオーストラリア戦の反省からか、選手交代は早め早めに行われていたですが、なぜか完全に足の止まっていた俊輔は代えられず。う~ん、前日まで発熱してた選手を、あの炎天下でフルタイム使わなきゃならないほど、選手層は薄いのかと。いっそ二列目にナカータを上げて、ボランチにシンジないし稲本を先発で出して、必要とあればスーパーサブとして使うというプランはなかったのかなぁ
 足が止まっていたといえばアレックスも相当しんどかったみたいですが、彼はあ~ゆ~タイプなので、今更四の五の言っても仕方ないのかなと、代えもいないし……駒野がいるけど、すでに投やりなりw
 次のブラジル戦は、守備の要(らしい)宮本が累積で出場停止ということなので、4バックを敷くならモニーが起用されることになるのかな。ブラジルは 2トップ(4-4-2)というか 4トップ(2-4-4)みたいなシステムなので、ニポンもそれに対応するならば 3バックないし 5バックという形で挑むのが定石かと思うですが、どうなんでしょ?
 ブラジルを知り尽くした監督の次の一手に注目です。

 F組のもう一試合、ブラジル-オーストラリア戦は、順当にブラジルが勝ち点3を奪い、早々に決勝トーナメント進出を決めてました。が、あれは本調子ではないでしょうね、ブラジルとしては。少なくともチームとしての出来はまだまだの印象が強いです。特にロナウドとアドリアーノの 2トップが機能しているようには見えません。戦前の予想通り、相性的な問題からなのか、それとも単にロナウドのコンディションの問題なのかわかりません。そのロナウド、次の試合は休養という話しも出てますね。もっとも、その代わりがオーストラリア戦で得点を決めたフレジや、元祖魔法の四人であるところのロビーニョが出てくるのであれば、調子の悪いロナウドのほうがいくらかマシかもしれないと思うのはボクだけかしら?

 困ったフランスが勝てない。
 ボク的には、好き嫌いを別にしてブラジルの対抗馬として一番期待していたんだけど。よもや、韓国に追いつかれるとはねぇ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 昨夜のポルトガル-イラン戦は、なんていうかポルトガルの辛勝って感じ。デコが戻ってきて中盤が完全版になっていたはずなのに……予想以上にイランのプレスが効いていたってことなんだろう。うまくすりゃ勝てそうな雰囲気すら漂っていたし。
 まあ、ここまでは本当に大きな波乱もなく、今大会は推移していたのですが、チェコ-ガーナ戦だ。前半終わるまでを見て寝ちゃったんだけど、逆転はおろか追加点を奪われてチェコが敗れるとは想像だにしなかったですわ。そして引き続いて行われていた、イタリア-アメリカ戦は大荒れに荒れた試合だったそうで、ビデオってなかったのがちょっと悔やまれます。死の組が比較的順当な形で強豪と称されるチームが決勝トーナメントに駒を進めたのに。
 全てのチームに決勝トーナメント進出の可能性が残るなんて大混戦に E組がなろうとはね。ここからが本番か? W杯が W杯であるところのw
 で、ニポン-クロアチア戦が目前に迫ってますが、ボク的には
“J2柏に清水からMF佐藤が加入”
 こっちの方が、よっぽどサプライズな話。
 由紀彦って、そりゃ清水に戻ってからは怪我もあってか、あまり活躍の話もなかったですけど、J1のクラブからだって欲しがられる人材と思うんですが、なぜによりにもよって柏に……これは、つい先日の東京Vが石川と海本を引っ張ってきた事よりも、もっとすごい事だと認識してます。
 横浜FCに勝ち点で追いつかれた事で尻に火がついちゃったか?
 もっとも、フロントはソレよりも前から動いていたんだろうけど。けど由紀彦が柏に行っちゃうですか? 谷澤じゃダメですか? じゃ、下さいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)