ホーム開幕戦

 明暗分かれたかなぁ
 とりあえず、ボクの行ける範囲で今日はホーム(?)開幕戦の西が丘へ横河武蔵野 vs 佐川滋賀を観に行ってきました。
 ミコと二人で。
 気のせいなのはわかっているんだけど、十条の駅から西が丘までが近く感じたのはなぜだろう。
 気のせいだ
 わかってる
 試合は、なんていうか前節南北多摩合戦を制した勢いというかなんというか、そういうものが一切感じられない、見ていて退屈な蹴り合いの展開。
 御給の存在感がすごかったな、ボク的には。
 あれか、前節のオーロイのイメージがでかすぎるのか、一番前にいるでかいやつみたいなw
 それに対して、うちの出戻りエースことヨースケはほとんど見せ場がなかったかなぁ
 そんなわけで、前半は特筆することもなく、ただただ両チームとも体力を消耗させただけの展開のスコアレスで終了。
 後半に入り、佐川滋賀が先に交代。しばらくしてから横河武蔵野も二枚同時交代(両サイドハーフ)したんだけど、そこがガンだったかというところにメスを入れたなぁという感じ。高松は悪くなかったろ、良くもなかったけど。それよりも、今日はダブルボランチが揃ってボールを横より前にさばけない、ようは後ろに戻してばっかというところに問題があったと見てたんだけど。
 まあ、両サイドがボールを引き出す動きをしていなかったとと判断されたのかもしれないけど。結果からすると両サイドを変えても、一切変化は見られなかったのよな。
 そうこうしているうちに、時間は刻一刻と過ぎてゆき、わけのわからんファールを取られ PKと宣告され、ゴールを決められ、それが決勝点となれ……なんじゃこりゃあって感じで試合終了でした。
 尻切れトンボというか、不完全燃焼モクモクって感じです。
 帰り道、鳥栖の勝利を知るまで、かなりモヤモヤしたものを抱えたまま、ミコの手を引いていましたとさ。
 やつあたりはなかったよ、多分(をぃ
 鳥栖はモノホンのホームでの開幕戦。
 試合に先立って、こちらも出戻りエース(になるのかな?)こと新居の挨拶があり、また試合も東京Vを 3-1で下し、上々の出来だったようで、見てて楽しい試合だったんだろうなと、少しうらやましかったり。
 あ、燕軍団は連敗ですか。
 大きく連勝は嬉しいけど、もっと嬉しいのは連敗をしない、大崩れしないで秋にみんなで喜べる環境になることなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一晩経って思うこと

 アジア杯を優勝して、二年後のコンフェデ杯の出場権を得たのは、とても喜ばしいことです。
 それ以上に、昨年のW杯で取り込みに成功したライト層の繋ぎ止めはおろか、更なる取り込みに成功したことは、素直に喜んでもいいんじゃないかと思います。
 あとはこのライト層を、いつまでもライトなままではなく、この国のサッカーを下支えしてくれる層になってもらえるように努力しなければならないんじゃないかと思うわけです。
 そのための受け皿が Jリーグであり、地域密着であるわけですが、どのくらい機能するかなというのが、疑問と言うか問題点。
 地域密着とはいっても、Jリーグ参加クラブが J1と J2を合わせても、たったの 38クラブ。そこに JFLの 18クラブを合わせても 56クラブ。数字だけ見れば 47都道府県よりも多い数字だけど、実際のところは空白地帯が少なからずあるわけです。
 地域リーグまで含めれば、そりゃ地域リーグというくらいですから、全国津々浦々にクラブはありますけどね。ただ、代表戦を見て、そこから一気に地域リーグに目線を下げられる人がどれだけいるかって話です。ともすれば、殆どメディアに露出のない J2や JFLですら視界に入ってこないというのは簡単に推測されます。
 そこでこの先協会がどうやっていくのか、そこに勝手に注目していきたいと思います。
 そういえば今年は南米選手権に招待されてるんだっけか……なんというタイミングでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感涙

 いやぁ、あんなに泣けるフレーズが、よもや聞けるとわ
 でした。
 今日はミコを連れて武蔵野陸上競技場へ JFLの今季最終節(武蔵野 vs 栃木)を見てきたです。
 試合は横河武蔵野が押し気味? に展開していたのですが、今季特に酷かった決定力不足地獄に今日も陥ってしまい、いい形は何度か作れていたんだけどって感じ。
 やっぱり小山が絡むと可能性を感じることが多いね。逆に栃木は若林の強さは別格でした。空中戦は尽く若林の勝利に終わっていました。さすが J1を経験してきた男は違うね。年齢的なアレで JFLに戻って来たわけじゃないし。
 後半二十分頃、武蔵野ベンチで動きあり。
 背番号「9」番が立ち上がり監督の指示を受けている。ミスター武蔵野こと村山の節目の、そして最後の出番。幾度か村山にボールが渡り、チャンスもあったんだけど均衡は崩れず。もう一人、この日が最後の背番号「5」番の立花が投入され、最初は本職であったはずの CBに入るものの、気が付いたら 2列目みたいなところでど~んと立ってました。あまりボールに絡んだシーンは見られなかったような(ぼぉ
 そんなこんなでスコアレスドローでホイッスル。
 試合後、村山の JFL通算 200試合出場を記念して花束贈呈があり、監督とキャプテン瀬田とクラブ代表が今季を締めくくる挨拶をし、来季もチームが残ることを確認。
 さらにその後、村山と立花の引退セレモニーが行われました。
 先にスピーチを行った立花の「僕のサッカー人生ってなんだったんでしょうね」の一言がものすごくボクに入っちゃって、不覚にも目尻に涙が……むぅ、そういうキャラだったけど、そういうふうに言うかw
 村山のスピーチはなんとなくぐだぐだで、でもまたここに戻ってきますの一言に、指導者の道を選ぶですかと小さくない驚きを覚えたりして。
 おぅ、いつでも帰って来いみたいな感じ。
 セレモニーが終わり、グランド開放されたので、ムサリクのピッチに立ってきました。けっこう固いのな、冬のピッチって。
 悔いが残らないようにするのも大事なんだけど、今日の立花のスピーチを聞いてそれだけじゃないのかなと、それだけじゃない何かがあるのかなと、ふと思ったのでした。
 まあ、彼等はまだ三十路に入ったばかりの前途ある若者ですからねって、なんかとてつもなくオッサンくさい自分がイヤンです。
 横で久しぶりに里帰りしてきたコハルがか細い鼾をかいて寝てます。
 ボクも寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金鯱リーグ初制覇

 かぁ
 ふ~ん
 く、悔しくなんかないんだからねっ!?

 それよりも、彩の国の赤色としましては。
 「ポンテの退団」やら
 「監督退団の意向」やら
 「マルシオリシャルデス獲得の意思あり」とか
 「松井大輔水面下で接触」だのと
 すでにストーブリーグに突入してることが問題なのです。

 たった二年で代えちゃいますかね、というか逃げられちゃうんですか……お寒い話でございます。
 まだ、困ったときに戻ってこられるほど成熟した基盤ではないように思うんですがねぇ

 やっぱり、屈強なDFを 3人並べて、最終ラインで奪ったら前線にいるとてつもなく懐の深いやつと、やたら足の速いやつにお任せなサッカーに戻ってしまうのでしょうか。
 前線の足の速いやつくらいしか、今のメンバーに該当者が見当たらないけどなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 今季はよろしくないねぇ
 結局、我が横河武蔵野FCは天皇杯出場権を逃してしまいましたとさ(はぅ
 栄えある、東京都代表は緑のユースチームになったとのこと。
 天皇杯での真の東京ダービー(vs FC東京)は観ることが出来なくなりました。
 けっこう期待していたんだけどなぁ。
 あとは、晩秋の JFL版東京ダービーを楽しみに生きていきます……細々とw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 とゆ~わけで、世界ハイが始まるわけです。
 多分、ボクも幾日かは寝不足覚悟の夜が朝があることでしょうよ。
 んなわけで、月並みに優勝予想をしてみようかなと思うのですが……毎号のようにエルゴラを読んでいるにもかかわらず、よくわかっていない、なにもかもw
 好き嫌いで選ぶならドイツとオランダを文句なしで1・2にしてしまいたい気分です。
 ただ、ドイツはバラックをはじめ数名の主力が怪我でリタイアしてしまっているという話なんで厳しいのかなと。元日本代表GKのコジマールは「ドイツが来るかな」と言っていたけど(むぅ
 オランダは毎度お馴染みの内紛の火種(今回はファンペルシー?)を抱えているようなのでねぇ。予選リーグは組合せに恵まれているので、序盤ロッペンが出られなくても心配はないだろうけど。
 世間的にはスペインかブラジルかイングランドかアルゼンチンといったところが人気なんでしょう。スペインとブラジルは日程が厳しそうなんで、う~ん。
 イングランドは人が揃っているようで、ここにきてファーディナンドが欠けてしまったのがどうなんでしょ。
 アルゼンチンは監督次第、メッシよりも監督が鍵を握っていると思われ。あぁ、ベロンが見たいなぁ
 早く書かないと開幕戦が始まっちゃうよぉ~
 ん、決めたブラジルだ、ブラジルに決めた。
 日程的なハンデはあるかもしれないけど、怪我人も少ないし、なにより監督がドゥンガになってからブラジルらしからぬ粘り強いサッカーをしているし。さらにジンクスというやつによると、欧州開催以外の世界ハイは欧州以外の国が優勝することになっているらしいので。
 だからブラジル。
 頑張れメキシコ(えっ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 つ~わけで、今日もミコを連れて武蔵野陸上へ
 予想最高気温16℃をなめてました。
 寒いと言うほどじゃないんだけど、いやぁトイレが近いw
 ボクだけならともかく、ミコも普段全然行きたがらないくせに、今日に限っては「行く?」と振ると、100%「行く」と答えやんのなぁ
 そんなわけで、曇天の下キックオフされた JFL前期第13節 横河武蔵野 vs HONDA FCの試合です。
 今日は瀬田が良かった、ミスパスもなく、空中戦もほぼ競り勝ち、さらにこれまであまり見られなかったサイドチェンジが微視橋と決まる決まる、前半限定だったけど。
 あとは飯塚が大当たりの日でした、90+4まで。
 おかしいよなぁ、後半のロスタイムは3分と表示が出てて、その間時計が止まるようなプレーもなく、3回程ゴールキックなりパントなりで滞空時間の長いボールが空中を舞って、試合終了の笛の音が響き渡るのに相応しい状況であったのに、そこで笛が吹かれることはなく。ロスタイムも5分を過ぎたところで、HONDA FC西の直接フリーキックが横河武蔵野のゴールネットに突き刺さった瞬間に吹かれたのでした……思いっきり後味の悪い試合でした。
 今日なんかは大吾のゴールが決まり、村山が後半の途中から出てきたりと、もう嬉しくて嬉しくて仕方のない内容だったのに。
 あの主審のロスタイムにおける裁定というか判定というかに他意がないとは全く思えないのは、なんていうか僻み根性みたいなもんでしょうか(ぶぅ
 だって、ロスタイムに入ってから、何度となく時計見てたんだぜ。
 わけのわからないイエローも出すしさ、あれはなんだ遅延か?
 思い出すとどんどん心が荒んでいくのが実感できるので、小川監督代行の初勝利を見ることでこのささくれを癒してもらおう(ぐず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 ハッピーニュー年度
 つ~わけで、ほぼ一ヶ月ぶりの更新です。
 今日は横河武蔵野の武蔵野陸上での開幕戦(対流経大)に行ってまいりました。
 当然のようにミコと二人で。
 スタジアム入場時、スタッフに声をかけられ
 「エスコートキッズをお願いしても良いですか?」
 と。
 ミコの答えは聞くまでもなく
 「やる」
 なのはわかっているんだけど、同時に何をするのかをわかっていないのもわかっているんだよなぁ
 ビブスを受け取り、時間になったので係りの人に連れて行かれました。
 ドナドナ(違
 人見知りも杞憂だったようで、ゲームキャプテンであるところの瀬田に手を引かれてピッチに姿を現したミコは、思っていた以上に堂々としていたのにはちと驚きでした。
 大きくなたもんです(ほぅ
 さて試合はなんというか、フラストレーションの溜まる内容と結果でした。
 前半は最終ラインからのパスミスが多すぎて、そこからカウンターを受けまくり。
 後半に入る頃には、その辺りは落ち着いた感はあったものの、ゴール前での決定力不足というありきたりな言葉で表現されてしまう状態。左サイドに永露と遠藤を同時投入で現状の打開を図ったものの、むしろ流れは流経大に……高松は悪くなかったと思うんだが(むぅ
 その後、右に桜井を入れて流れを取り戻したものの、最後の最後までゴールを割ることは出来ず、スコアレスドローという結果。
 なわけで、喉だけがガラガラになったという、なんとも徒労感の強いゲームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

すげ~久しぶり
 何がって、ここに書くのもそうだけど。
 それ以上に、スタジアム観戦って何年ぶりだよ、だよなのだよ。
 なわけで、今日はフクアリではなく西が丘へ JFL開幕戦
 横河武蔵野 vs ツエーゲン金沢
 へ、スタジアム初体験となるミコを連れて行ってきたです。
 いや、忘れていたわけではなかったんですが、そっかツエーゲンって久保が入ったんだっけ、今季から。
 なんか、試合前の練習中から、他とは違う風貌とパススピードの選手がいるなと思っていたら、彼奴でした。
 地域を勝ち残り、刈谷との入替戦を制して JFLに上がってきたクラブに久保がいて、田中俊也がいて、“白いロベカル”こと根本がいて、今日は出てなかったけど山根もいて、なんていうか Jへの本気度が伺えます。それは、北信越リーグ在籍時から感じてはいたんだけど。
 ま、そんな気負い(?)もあったのか、前半から明らかに金沢のペースで試合が進み失点。
 後半に入っても、なんだか形ができない武蔵野を尻目に、後半開始早々に追加点を奪われてしまう(むぅ
 しかし大吾が泥臭く一点を返すと、立て続けに勝野、永露と左サイドを総入れ替えすると、流れが完全に武蔵野に移り。その左サイドからの崩しから遠藤のゴール。
 そして圧巻は 88分ゴール前からのこぼれ球を瀬田がおよそ 30m弾。まさにゴラッソ、あれはゴラッソ、あれがゴラッソ。年に一回生で観れるかどうかっていう、素晴らしい押さえの利いた、それでいて糸を引くようなロングシュートが、ゴール右にズドンと。
 ええ、この時間帯は、ミコが完全に飽きていて「早く帰ろうよぉ」と言っているのを、なだめすかしで「ゴォーーーーーー!!!!」だったりしますw
 後でミコに「怖かった」と言われましたが……サッカー好きの性なんでねぇ、あれわ。
 慣れてくれ。
 まあ、傍目には面白い試合だったんだろうけど、なんとも心臓に悪い、気持ちの良い試合でした。
 あ゛~、花粉症で鼻も喉もあかしなってるのに、声出しすぎた。
 再来週は松本山雅が、同じく西が丘に来るですよ、行きたいなぁ
 ミコは一緒に来てくれるかな(ぼぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふっちぼーるな雑記

 とりあえず、プレシーズマッチとはいえ北九州市長杯を優勝したって事で、気分良くシーズンを迎えられそうです。
 られるかな?
 しかし、4チーム参加の総当りでない形式と言うのはどうなんだろうねぇ
 まあ、今に始まったことじゃないけどさぁ
 なわけで、北九州市長杯とありながら、今回の鳥栖はギラヴァンツ北九州との対戦はなし……福岡もおらんし。
 岡山と分けて、九州大学選抜相手に大勝で優勝。
 微妙だ。
 微妙と言えば、北九州ってば九州学生選抜に負けてんのな。
 余所様のことをどうこう言えた義理じゃないですが、大丈夫ですか?
 今季から J2に来られるそうですが。
 与那城ジョージかぁ、狸だったかなあの人(ぼぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧