はりま投げって

まるでDDTっす
阿覧、明日から休場とかないよなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010 ドラフト会議

 我等が燕軍団は外れの外れの一位で履正社の山田とな。
 現在の燕軍団の遊撃手は宮本の後は帯に短い感じの人たちが競っているところなので、横からスルスルと鳶がなんとやらということも可能かと。
 来季から池山がコーチとして戻ってくるし、ちょっと面白いかも。
 それはともかくですな、ドラフト3位西田と4位又野と北照の2選手を指名です。
 又野はなんとなく覚えてるような。
 甲子園(長崎日大戦)でホームランを打ってなかったっけ?
 西田はゴメンさっぱり覚えてません。
 でも、まあ相川の残り時間も決して長くないので、そのポジションを奪っちゃってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のチームの事

 今日のナビスコ杯決勝の残り五分とロスタイムの平山の姿に感動し、目尻に涙を溜めてしまったのは内緒です。
 城福さんも泣いていたように見えたけど、違う人かなぁ

“ヤクルト高井やっぱり野手!転向を決断”
 高井ももう25でしたか。
 野手転向はいいけど、外野手枠空いてたっけ?
 まあ、燕で野手転向した選手と言えば、宮出(現楽天)という好例がいるし、高井自身も非常に身体能力の高い選手であることは間違いないので、遠からず活躍してくれることを……てか、活躍してくれないと困るのです。
“ヤクルトが来季のコーチ陣を発表”
 あ、角さんが外れている。
 小川さんが内部昇格で、城石がコーチ転向か。
 今更だけど、家族主義だねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は城、人は石垣、人は堀

 なり
“鳥栖岸野監督退団へ後任は日本人指導者で”
 まだ公式発表ではないようですが、そういう空気があるということが伝わってきます。
 風の噂ではイクヲさんも「そろそろ」といった事を言ったとか言わないとか小耳に挟みました。
 無責任な噂と思いたいところですが、どうなんでしょう。
 この二方があって今の鳥栖があるのは誰しもが知るところと思います。
 昨日の敗戦で昇格は限りなく難しくなりましたが、まだ終わったわけではありませんし、天皇杯もあります。
 どこぞの東北のチームのように結果が出る前からそういう話をされるのは、どんなもんかなと思います。
 水面下ならいいのかという話もありますが……

“尾花コーチが横浜監督への意思表示控える”
 ヤクルトには帰ってきてはくれないのでしょうか?
 横浜的には権藤再来みたいな感じなのかねぇ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わった、やっと終わったよ

 韓国との五本勝負とエキシビジョンマッチ四試合(違っ)を終えて WBC連覇という最高のカタチで終わりました。
 それにしても、世のオジサンたちへのワンセグ機能付きケータイの普及率がこんなに高いなんて知りませんでした。
 今日の昼間は、街中といわず、道路といわず、電車の中といわず、多くの人の手に液晶部分が横倒しになっているケータイだったり、ケータイを横向きに持ってみたりと、明らかにワンセグ放送を視聴していると思しき姿が見受けられました。
 なあ、だれもテンキー操作をしてないんだもん、なんか不気味でしたw
 ボクだけじゃないと思うけど、この喜びの大半を占めているのは、相手が韓国であったからというのがありませんか?
 ボク的には、大半というかそれに尽きるくらいのレベルなんですけど。
 好きとか嫌いとかいうより、もう疲れたから早く開放して「侍ジャパンっ!!」てな感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初物ですと

“相川のヤクルト入り決定、背番号「2」”
 とりあえず正捕手が決まりました、という感じですかね。
 気付かなかったけど、燕軍団にとって相川が初のFA獲得選手だったんだねぇ
 放出することはあっても、獲得するだけのものがなかったというのもあるけど……今年はあったのか?
 まあ、必要に迫られてってことよね。
 あれだけ古田亡き後(殺すなw)、そこが定まらなかったんだから。
 背番号「2」ってなぁ、飯田の番号だったよなぁ、野手転向とかないよなぁ
 ところで、横浜はまたしても同じリーグ内での正捕手移籍ですが問題ないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我がヤクルトスワローズは

 良い選手に恵まれました。
“ヤクルト・真中、度会が現役引退表明”
 ときに家族的と称される燕軍団ですが、こういった選手がいて、また残っていくから、そう称されるわけですよ。
 この体質は良くもあり悪くもあると思うんですが、どうなんだろう?
 前政権で外部からコーチに招聘したい人がいたけど、退団した元選手をそのポストに充てるので無理と言われたとか言われなかったとかいう話もあったしねぇ
 現場とフロントとの不和説も流れたところで招聘した現監督はこの功労者二人をどう遇するのでしょう、気になるところです。
 今季よりも大きな番号を背負った二人が戸田あたりで見られるかな?
 ああ、忘れてた。
 お二人とも、お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そういうかたちで……

 今年の夏が終わりました。
 夏の甲子園大会が終わりました。
 あのような結果で終わってしまうとは予想だにしませんでした。
 試合は開始から 1/3イニングの途中まで、客先近くの飯屋で見てたんですよ。
 店のおばちゃんが、わざわざウエイトレスさんにオリンピックからチャンネルを変えるようにしてくれたのに、ボクはわずか 10分くらい見たところで、店を後にしてしまったのでした。
 申し訳ない。
 まあ、逆転また逆転と、初戦から準決勝までの全てのゲームを逆転で勝ちあがってきた常葉菊川だったので、初回の満塁ホームランは余裕のハンデかもしれないと、心にもない脳裏で思ってもいない希望を腹に溜めて客先に戻ったんですけどねぇ
 仕事がひと段落して、ケータイから速報を見てみると……ハラハラもドキドキもヒヤヒヤもなんもない内容で結果が出ておりました。
 そら、何日か前の当blogで、そういうゲームはゴメンこうむりたい的なことは書きましたが、それ以上に結果を求めていたのですよぅ
 選手は一生懸命やっていたのでしょう、それは当然です。
 ただ、相手チームの方に流れが傾いたまま終わってしまったのでしょう、ゲームが。
 もし、野球が 9回で終わらず 12回まであれば、きっと常葉菊川が毎度毎度の逆転勝利をしていたんだろうと、全くもって無意味な夢を見て枕を濡らした昨夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ああ、栄冠は君に輝く

 栄光だったか?
 ま、どっちでもいいんだけど……いいのか?
 夏の甲子園が今年も始まってます。
 今年もボクの周りでも無意味に盛り上がっています。
 ボクもその中の一人なのかもしれませんが。
 しかし、一円たりともましてや品物が掛かっているわけでもないのに盛り上がっているなぁ
 仕事中にメールが飛びまくっているもの、誰の何処が勝ったの負けたのと。
 ちなみにボク一押しの長崎清峰が明日の第一試合にいよいよ出陣です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の戦跡

“あ~っ6連敗!横浜、自力V消滅”
 シーズンが始まる前は、まじめな話でうち(燕軍団)は五月を無事に越えられるだろうか、六月はまだ野球は面白いだろうかと、同僚と後ろ向きな話をしていたんですけどねぇ
 その燕軍団ですが、得意のはずの交流戦でも調子が上がらず、五割のラインに近づいては弾かれるということを繰り返しています。今日も、楽天に破れ、交流戦の戦跡も五割を切ってしまいました。
 ナビスコ杯の浦和は前半で決まってしまったようで、若手を途中から起用していました。多分、予選突破は無理になったと思われるので、次節からはもう少し長い時間使ってもらえるのではないでしょうか。今季のナビスコ杯は、そういう扱いにしてしまいましょうや。
 鳥栖は同じく前半で試合を決めてしまったようで、終わってみれば徳島相手に 4-0の大勝でした。大エースの先制点からレオナルドの二得点、そして最後は後半途中から交代で入った石田のダメ押しとなる四点目、それに完封と、結果だけ見れば理想的な試合展開でした。内容は、揃って辛口なコメントを残しているので、次節のダービーは内容も伴った完全勝利を頼みます。
 そんで、最後は横河武蔵野ですが……首位陥落です。
 さすがは HONDA FCです。昨季は調子が上がらないままでしたが、JFLの壁は健在です。ただ、うちもアマチュアなんで、そんなにきびしく当たらなくてもいいのにと思うのでした。
 1勝3敗かぁ
 気分良くないなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧